ファクタリング

日本政策金融公庫の特徴や金利・創業融資のメリット・デメリットを徹底解説

投稿日:

日本政策金融公庫

☆☆☆☆☆
評価:4.71-6,491

日本にある企業の実に約99%は中小企業といわれています。

資金が潤沢な一部の大手企業とは異なり、中小企業の多くは資金繰りに窮しているため、どのように資金を調達するかで悩んでいます。

そんな、中小企業の強い味方になってくれるのが日本政策金融公庫です。

日本政策金公庫は、国内の経済を活性化させることを目的としているため、営利目的である民間の金融機関よりも融資が受けやすくなっています。

ここでは、そんな日本政策金融公庫の特徴やメリット・デメリットなどの情報を徹底解説していきます。

日本政策金融公庫とは

日本政策金融公庫とは、国が100%出資をする金融機関です。

前身である「国民生活金融公庫」「農林漁業金融公庫」「中小企業金融公庫」の3機関が担っていた業務を引き継ぐ形で、株式会社日本政策金融公庫法に基づいて、2008年10月1日付で設立されました。

日本政策金融公庫は、新たな事業の創出、事業の再生、海外展開及び農林水産業など、日本経済の成長や発展への貢献や、民間金融機関と連携した地域プロジェクトの参画といった地域活性化への貢献、自然災害や経済環境の変化等によるセーフティネット需要の機動的な対処などを主な役割としています。

また、銀行などの民間の金融機関は、営利が第一となってしまうため、信用を得ることが難しい中小企業や個人事業主はどうしても融資が受けにくくなってしまうのですが、そのような融資を受けることができない中小企業や個人事業主を補完するのも、日本政策金融公庫の目的の一つとなっています。

日本政策金融公庫のメリット

日本政策金公庫のメリットは以下の通りとなっています。

低金利での融資が可能

金融機関から融資を受ける場合、懸念するのは発生してくる利息でしょう。

高金利である場合、せっかく融資を受けることができたとしても、利息が圧迫し結局は資金繰りが厳しくなってしまう可能性があります。

低金利といわれている銀行からの融資でも、金利は多くのケースで「10%」を超えてきます。(小口融資の場合)

また、消費者金融からの借入である場合は、「15%以上」の利息が適用されるのが通常です。

しかし、仮に日本政策金融公庫から100万円の融資を受ける場合は、「約2%程度」しか利息はかかってこないのです。

その他の金融機関と比較すると、いかに日本政策金融公庫が低金利かが伺えるかと思われます。

銀行などと比較して融資を受けやすい

銀行などの民間の金融機関から融資を受ける場合、会社の規模やこれまでの実績などが必要となります。

よって、規模が小さく実績も乏しい中小企業や個人事業主は、必然的に融資を受けにくくなってしまいがちです。

あるいは担保や保証人を準備することで、やっと融資にこぎつけることができます。

日本政策金融公庫の場合、「政策金融の的確な実施国の政策の下、民間金融機関の補完を旨としつつ、社会のニーズに対応して、種々の手法により、政策金融を機動的に実施する」という基本理念を掲げています。

そのため、民間の金融機関で融資を受けることが難しい中小企業や個人事業主に対しても、融資を実行してくれる可能性が高いのです。

また、中小企業や小規模事業の支援については、「雇用の維持・創出など地域経済を支える中小企業・小規模事業者及び農林漁業者等の活力発揮に向けた支援を推進する。地域の施策を踏まえ、プロジェクトへの 参画など、日本公庫の総合力を発揮し、地域の活性化に貢献する。地域に根ざした活動を展開し、地域社会への貢献に取組む」という経営方針を掲げています。

日本の経済の大部分を支えているのは、中小企業や個人事業主などの小規模事業であり、これらの発展なくしては、日本経済が活性化することはありません。

日本政策金融公庫の目標の一つは日本経済の発展、活性化であり、これらを実行するために、銀行などの金融機関から融資を受けることが難しい中小企業や個人事業主などに対しても、積極的に融資という形で支援を行っているのです。

融資だけではなく事業の相談も受けることができる

たとえば、銀行へ融資の相談を行う場合、融資の可否に関するアドバイスしか受けることはできません。

しかし、「お客さまの立場に立って親身に応対し、身近で頼りになる存在を目指す。商品力を高めるとともに、コンサルティング機能・能力の充実を図ることで サービスの質を向上し、資金と情報を活用することにより、政策金融を必要とするさまざまなお客さまのニーズに迅速かつ的確に対応する」という経営理念を掲げている中小企業金融公庫の場合、融資に対しての相談だけでなく、事業に対する相談やアドバイスも行っています。

また、日本政策金融公庫には税理士や中小企業診断士なども在籍しており、これらの各分野に特化したプロから、無料で経営に対してのアドバイスを受けることができるのです。

実績ができるため、今後有利に資金の調達ができるようになる

一度日本政策金融公庫から融資を受ければ、「日本政策金融公庫から融資が実行された」という実績が残ります。

銀行などの民間の金融機関からすれば、何の実績もない企業よりも、「日本政策金融公庫から融資が実行された」という実績がある企業の方を評価します。
よって、実績ができたことにより、今後審査の厳しい金融機関からでも融資を受けやすくなるのです。

また、融資と返済を繰り返していけば、おのずと「会社の信頼度」も増していきます。

ですので、いきなり銀行などへ融資を申し込んで断られるよりも、信用の低い中小企業や個人事業主は、まずは融資を受けやすい日本政策金融公庫から借入の実績を積んでいくほうが、効率よく資金を調達できる可能性が高くなります。

返済額の交渉も可能

日本政策金融公庫は、非常に低金利で融資を受けることができます。

しかしそれでも、資金繰りが厳しくなってしまえば返済が難しくなってしまう可能性もあります。

日本政策金融公庫ならば、返済が難しい状況を相談することで、返済額の見直し、いわゆる「リスケジュール交渉」も行うことができるのです。

内容次第では支払うべき金額を圧縮し返済期間を延長してくれるため、企業は再建を図ることが可能となります。

ただし、しっかりとした返済計画や再建計画を提示できなくては、いくら日本政策金融公庫といえどもリスケジュールを受けることはありません。

ですので、返済額の交渉を行う場合は、しっかりと返済計画や再建計画を練った上で相談しましょう。

日本政策金融公庫のデメリット

メリットが非常に多い日本政策金融公庫ですが、その反面以下のようなデメリットもあるため注意が必要となります。

融資が下りるまでの時間が長い

資金の調達までにかかる時間は、できるだけ早いことが望ましいです。たとえば、民間の金融ならば最短即日、遅くとも数日程度で借入ができます。

銀行にいたっても、通常ならば一週間程度での資金調達が可能です。

それと比較し、日本政策金融公庫の場合、審査だけでも「3週間から1か月程度」の期間を要します。

日本政策金融公庫はノンバンクの金融機関であり、お金の流れを確認するまでに時間がかかってしまうのです。
よって、機動的な資金調達を求めている場合は、他の手段を検討したほうがいいかもしれません。

保証人や担保を求められるケースもあり

通常、銀行から融資を受ける場合、保証人や担保を求められるケースが多いですが、日本政策金融公庫もその例外ではありません。

場合によっては、融資を行う条件として保証人や担保を求められることもあります。

ただし、全ての方が保証人や担保を準備できるわけではありません。

そこで、「どうしても保証人がいない」という状況にある場合には、以下のような保証人の要らない融資制度を利用してみることを検討してみましょう。

保証人や担保が必要ない融資制度

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)

マル経融資(小規模事業者経営改善資金)は、保証人や担保が不要な融資制度です。

ただし、商工会議所や商工会などの経営指導を受けている小規模事業者の商工業者のみが融資対象となっています。

新創業融資制度

新創業融資制度は、新たに事業を始める方や、もしくは事業を開始して間もない方を対象とした融資制度です。

担保や保証人は不要ですが、自己資金要件などもあるため事前に詳細の確認が必要となります。

<

h3>挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)<h/3>
挑戦支援資本強化特例制度(資本性ローン)は、新規事業や企業再建などに取り組む中小企業の財務体質強化を図るために資本性資金を供給する制度であり、担保や保証人は不要で融資を受けることが可能となっています。

すぐに資金が必要ならばファクタリングがおすすめ

前述の通り、日本政策金融公庫は融資が下りるまでに3週間から1か月程度の期間がかかってしまいます。

たとえば、「急に数日以内に資金が必要となった」というような状況にある場合、日本政策金融公庫は不向きな資金調達手段となるでしょう。

そこでおすすめとなるのがファクタリングです。

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング業者へ売却する資金調達方法であり、最短ならば即日、遅くとも数日程度には資金を確保できます。

また、売掛債権さえあれば資金を確保できるファクタリングならば、現金を調達できる可能性も非常に高いです。

機動的な資金調達を求める場合には、ファクタリングを利用することをおすすめします。

日本政策金融公庫は頼りになる資金調達方法

日本政策金融公庫は、中小企業や個人事業主にとって大きな味方となってくれる金融機関です。

ただし、「すぐにでも資金が必要!」という状況では、日本政策金融公庫よりもファクタリングの方が、資金調達方法として適している可能性が高くなります。

どちらも優秀な資金調達方法であるため、その時々でどちらを活用するか決定しましょう。

資金調達が早いファクタリング会社

非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


業界最速のスピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは3,000万以下までの小口ファクタリングを専門とするファクタリング会社です。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、最短で即日で資金調達可能です。

30~3000万円まで法人・個人事業主のファクタリングに対応
特に小口買取を制限する会社も多い中で小規模法人様や個人事業主の味方として小口ファクタリングを積極的に展開しています。

全国対応で融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。審査通過割合も93%と安定したファクタリング実績を持っています。
アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK
・30〜3,000万円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。


事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

ジャパンマネジメントは、倒産や破産している売掛先でもファクタリング可能な柔軟な対応が魅力のファクタリング会社です。

また、ファクタリングとともに、経営相談も実施しているので、的確な経営アドバイスまでもらえるそうです。売掛を譲渡したら終わりではなく、財務健全化へ向けたフォローをしてくださるのもおすすめポイントではないでしょうか。ファクタリング業者は、資金調達においてプロなので安心してアドバイスを受けられます。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?仕組みを図解でわかりやすく解説!即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.