ファクタリング

令和の10連休!資金繰りは大丈夫?中小企業が現金確保・資金繰りを乗り切る方法

投稿日:2019年3月27日 更新日:

10連休資金繰り

☆☆☆☆☆
評価:4.45-1,509

いよいよ、ゴールデンウイークと皇位継承に伴う4月27日から5月6日まではじめての10連休を向かえます。

一般の人にとってはまたとない休暇ですが経営者、特に中小企業の社長さんにとっては少し憂鬱な10日間かもしれません。

憂鬱の元は他ならぬ、会社の「資金繰り」

営業日が少ないことによる売上への心配もありますし、何より支払わなければならないお金の出るタイミングが普段よりも早くなる可能性もあるのです。

10連休は銀行が全て休みに

いちばん大きな影響があるのは銀行です。

金融機関もこの期間は10連休で営業していませんから、支払いなどが発生した時は最短で連休明けの5月7日(火)になってしまいます。

また締め支払いのズレにより、普段よりも多くの支払いが5月7日(火)に集中することで資金繰りが急激に厳しくなる可能性もあります。

10連休の資金繰りでチェックすべき点

10連休明けに資金繰りが悪化しないためには、事前に取引先と支払いスケジュールの確認を行っておくことが重要です。

お互いが普段と同じと思っている入金スケジュールを間違ってしまう可能性も十分あるのです。

特に、普段から月末支払いの支払いに関しては必ず事前に取引先に確認しておきたいポイントです。

月末の支払いは4月26日になりますが、相手先が4月26日支払いではなく10連休明けだった場合は資金繰りが短い場合は致命的になることもあります。

まずは取引先に10連休の予定は確認しつつ、こちらから支払いがあるのであれば入金予定日は伝えることも心がけましょう。

資金繰表の確認を忘れずに

取引先との入出金スケジュールが確認できたら資金繰表を改めて確認しましょう。

会社によっては従業員の給与の支払いが普段より前倒しされる場合もありますから、現金確保は十分にしておきたいところです。

現金確保・資金繰りが必要になったら?

もともと資金繰りがタイトな企業の場合、普段なら乗り切れる資金繰りも厳しくなる可能性は十分にあります。

では、今から銀行に融資を申し込んで4月末までに融資実行することは可能でしょうか?

付き合いの長い金融機関や中小企業支援を行う公庫などで可能かもしれません。でも、ただでさえ審査が長いことが当たり前ですから全てに対応できるわけではありません。

そこでおすすめしたいのがファクタリングです。
『ファクタリング』は、売掛金さえあれば最短で1営業日で中小企業や個人事業主でも現金を手にできる資金調達方法です。

ここ数年、借りない資金調達として中小企業で利用する会社が増えています。

ファクタリングに申し込む際はいくつかの必要書類を準備しなければいけません。

必要書類が揃っていないと審査に通過する事が難しくなり、10連休に間に合わないばかりか契約する事すらできなくなってしまうことがあります。

ファクタリングに申し込む前に必要書類を確認して、10連休の資金繰りに備えましょう。

ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

【えんナビ】は株式会社インターテックが提供するファクタリングサービスです。

法人だけではなく個人事業主でもご利用が可能で償還請求権無しの完全買取を行っており、売掛先倒産リスクを含めて買取しています。

(買取り対応額は50万~5千万となります。)

【24時間365日最短1日の資金調達が可能】
他社にはないポイントとして24時間365日対応しているのでいつでも相談が可能です。売掛金を最短で即日資金化を行ってる実績が強みです。
えんナビ

ポイント

・24時間365日最短1日の資金調達が可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし

即日現金化のためには不備なく書類を揃える

ファクタリングを利用する方のほとんどは、当然一日でも早い資金調達を希望されています。

しかし、書類に不備があれば契約は締結できません。それどころか、審査に悪い意味での影響を与えてしまう可能性もあります。

特に、「最短即日入金」に対応するファクタリング会社は事前に書類を揃えている事が条件になりますから、迅速に資金を調達できるよう、書類は早めに不備なく取り揃えましょう。

審査の早いファクタリング会社

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

【えんナビ】は株式会社インターテックが提供するファクタリングサービスです。

法人だけではなく個人事業主でもご利用が可能で償還請求権無しの完全買取を行っており、売掛先倒産リスクを含めて買取しています。

(買取り対応額は50万~5千万となります。)

【24時間365日最短1日の資金調達が可能】
他社にはないポイントとして24時間365日対応しているのでいつでも相談が可能です。売掛金を最短で即日資金化を行ってる実績が強みです。
えんナビ

ポイント

・24時間365日最短1日の資金調達が可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。

ファクタリングに必要な書類

1.本人確認書類
免許証やパスポートなどの身分が証明できるものが必要です。

2.入出金の通帳
ファクタリングは個人事業主であっても法人の契約ですので、過去の会社の入出金履歴が分かる通帳。(WEB通帳なども含みます)

3.過去の決算書
過去の決算書からは定期的に売掛金が発生しており、尚且つ期日どおりに入金されているサイクルがあるかを確認します。

4.資金繰り表
ファクタリング会社は、資金繰り表や銀行口座などから利用者がどの程度の資金力を持つかを確認します。

5.その他売掛金証明書類
ファクタリングは売掛金が最も重要な審査対象となるので、そのための証明書類を求められる場合があります。

6.納税証明書
リスクを見極められるために、利用者(企業)がしっかりと納税しているかを納税証明書にて確認を行われます。

7.印鑑証明書
利用者(企業)の印鑑証明書です。

8.登記簿謄本
会社の商業登記を証明するために、登記謄本(3ヶ月以内)が必要となります。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.