ファクタリング

フリーランスでも機動的に資金を調達可能なファクタリングを活用した資金繰り改善の方法

更新日:

フリーランス ファクタリング
フリーランスとは、特定の企業に帰属せず自ら契約を取り交わす働き方です。

非常に自由度の高い働き方が魅力的なフリーランスですが、今日本ではそのフリーランスが急増しています。

2018年にフリーランス協会が発表した「フリーランス白書2018」によると、日本では国内労働力人口の約6分の1にあたる1000万人余りのフリーランスが存在すると示されています。

経済規模に換算すると「20.1兆円」にものぼるとの試算もあります。

そして、そんなフリーランスの増加に伴い、需要が高まっているのが『ファクタリング』です。

中々信用を得ることが難しいフリーランスという業務形態は、銀行などの金融機関から融資を受けにくいという欠点があります。

しかしファクタリングならば、売掛債権さえあれば仮にフリーランスであっても機動的に高確率で資金を調達できるため、近年注目が集まっているのです。

この記事では、フリーランスがファクタリングを使うメリットやデメリット、フリーランスが利用可能なファクタリング会社などの情報を徹底解説していきます。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング業者へ売却し、早期現金化を行う資金調達手段です。

日本では、まだまだ信用取引(掛取引)が主流であり、フリーランスも例外ではなく、たとえば以下のような様々な売掛債権を保有しています。

1.フリーランスのデザイナーが、クライアントの案件を請負契約で制作した時に発生した売掛債権

2.フリーランスでオンラインショッピングサイトを運営しており、そのサイトで顧客がクレジットカード決済を行った際に発生するクレジットカード債権

3.フリーランスのコンサルタントがクライアントと業務委託契約を行い、コンサルした際に発生する売掛債権

などです。

勿論、ここで挙げたのはあくまで一例です。

商品やサービスを提供し、その代金が後で支払われる、いわゆる「売掛金」があるならば、ファクタリングによって早期資金化を行うことが可能となります。

フリーランスにも対応しているファクタリング業者が急増している理由

元々、ファクタリング業界では、個人事業主やフリーランスをNGとしているケースが非常に多く目立っていました。

しかし最近では、フリーランスにも対応しているファクタリング業者が急増しています。

その背景には、日本でもフリーランスが増えていること、そしてフリーランスの資金繰りサイクルが早く、安定的な資金繰りのための資金調達手段として需要がある点などがあります。

前述の通り、フリーランスは法人と比較すると信用を獲得するのが難しく、融資などを受けづらい特徴があります。

資金繰りが悪化してしまうと、場合によっては「黒字倒産」を引き起こしてしまうかもしれません。

そのようなリスクを回避するためにも、フリーランスにも機動的に資金を調達できる手段が必要であり、それを補うことができる方法がファクタリングなのです。

フリーランスがファクタリングを活用する場合のメリット・デメリット

フリーランスがファクタリングを活用した場合、以下のようなメリットやデメリットが見込まれます。

フリーランスがファクタリングを活用するメリット

1.最短即日で資金を確保することができる
これはフリーランスに限られたことではないですが、基本的に資金の調達はできるだけ迅速に行いたいと思うのが通常です。

そしてファクタリングならば、最短では即日で売掛債権を現金化できるため、機動的に資金を確保することが可能となっています。

2.売掛金の未回収リスクを回避できる
売掛金とは、必ずしも回収できるものではありません。

取引先の財務状況次第では、支払いが遅延されたリ、場合によっては未回収となるリスクもあります。

しかし、ファクタリングを行えば売掛金を早期資金化することが可能となっているため、結果的に売掛金の未回収リスクを軽減させることができます。

3.資金コントロールの幅が広がる
前述の通り、ファクタリングを活用すれば機動的な資金調達が可能であるため、売掛債権さえ保有していればすぐに現金を確保することができます。

勿論、資金が潤沢にあるならば、無理にファクタリングで現金化せずとも債権として手元に残して支払いを待つこともできます。

ファクタリングという選択肢が増えることで、売掛債権をすぐに現金化するのか、またはそのまま所持して支払いを受けるか、というように資金コントロールの幅を広げることができるのです。

4.赤字経営でも影響を受けず資金を調達することができる
フリーランスは元々信用を得にくい業務形態であり、尚且つ業績が赤字である場合は、さらに借入による資金調達は困難となります。

しかし、ファクタリングの審査は融資審査とは異なり、主に売掛先の与信に対して行われるため、売掛先に別段問題がなければ仮に自社が赤字経営であったとしても資金を調達することができるのです。

よって、たとえば銀行から融資を断られてしまった事業者などでも、ファクタリングならば現金を確保できる可能性が十分に考えられます。

フリーランスがファクタリングを活用するデメリット

1.手数料が発生してしまう
ファクタリングの最大のデメリットは、手数料が発生してしまう点にあります。

ファクタリングは、借入ではないため利息がかかることはありません。

しかし入金時には、利用するファクタリング業者が定めた手数料が差し引かれた金額が入金されることとなります。

また、その手数料も2社間ファクタリング(相場=1%~10%程度)や3社間ファクタリング(相場=1%~10%程度)です。

各会社が取り扱うファクタリング契約の取引方法で異なってくるため、その点は留意が必要です。

フリーランスに対応する実績のあるファクタリング会社

以前よりも増えたのは間違いないですが、今でもファクタリング会社の中には「個人事業主やフリーランスはNG」としている所もあるため注意が必要です。

ここでは、フリーランスでも利用を可能としている実績のあるファクタリング会社をご紹介していきます。

フリーナンス

フリーナンスは、GMOグループのGMOクリエイターズネットワークからリリースされたファクタリング会社です。

フリーランスに特化したファクタリングサービスを提供しており、またフリーランスの損害賠償保険や所得補償も備えています。

大手企業が運営元ということで安心して取引を行うことが可能であり、即日ファクタリングにもしっかりと対応しています。

さらには手数料も「3~10%」とかなり安いため、基礎サービス力が備わった非常に優秀な会社であるといえるでしょう。

フリーナンスほどフリーランスに特化したファクタリング業者は中々ありません。

フリーナンスは個人事業主にとって便利?|あんしん補償と請求書買取りについて利用者の評判・口コミを徹底調査

評価:3.88-3,711件 フリーナンス(FREENANCE)は2018年10月16日にサービスを開始した、フリーランスと個人事業主向けの補償サービスと売掛金買取サービスを提供する金融サービスです。 ...

MSFJ

MSFJは、2017年に設立された比較的新しいファクタリング会社です。

しかししっかりとフリーランスにもいち早く対応しており、また「業界最安水準の手数料(1.8%~9,8%)」という点でも人気を博しています。

さらに、MSFJには「10万円からファクタリング可能」というメリットもあります。少額の売掛債権でも早期資金化できるため、利便性が非常に高いのです。

手数料が安く、振込までのスピードが早いMSFJならば、フリーランスの方でも気軽に資金調達を行うことができます。

フリーランスの請求書買取に対応しない会社はまだ多くある

フリーランスに対応するファクタリング会社が増えてきたのはここ数年です。

本来は中小企業を対象にしたものなので、フリーランスの請求書買取に対応しないファクタリング会社は多くあります。

その為、利用検討する際は早めにフリーランスの請求書買取がOKかどうかを確認しておきましょう。

急ぎたいのに断られたという話はとても多いのです。

フリーランスは柔軟な資金調達手段を確保しておくべし

フリーランスは大企業に比べてニッチなサービスを提供できたり、場所を選ばない事業展開などメリットが多くあります。

しかし、事業規模が小さいときなちょっとしたトラブルなどで資金繰りが不安定になることがあります。

そんなとき、ファクタリングを利用すればフリーランスでも最短ならば即日で資金を調達できます。また、売掛債権さえ保有していれば、申し込みは誰でも可能です。

資金繰りに困っている方、新しい事業などで資金が必要な方などは、是非ともファクタリングの利用をご検討ください。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本のファクタリング

実績のある優良ファクタリング会社

資金調達や資金繰りでお困りの経営者・個人事業主に対応可能な実績のある優良ファクタリング会社をご紹介します。

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国対応ではやい・かんたん・リーズナブルが特徴。

非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社です。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要がありません。すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日現金化が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※個人向け給与ファクタリングではありません
 遅延債権はお申込みいただけません

OLTA

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。

500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる

非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。 月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。 最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。 ビートレーディング
・日本全国対応 ・個人事業主様、法人経営者様を問わず小口から大口まで対応可能 ・売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 ・契約件数全国トップクラス ・信用情報関係なし売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2020 All Rights Reserved.