ファクタリング NEWS

新型コロナウイルスの関連倒産の拡大が現実に|他業種で事業の資金繰りが悪化|コロナ倒産を避けるための資金調達方法

更新日:

新型コロナウイルス倒産

新型コロナウイルスの関連倒産が他業種に拡大

2月から拡大を続ける新型コロナウイルスの影響。

3月末から企業経営に影響が出るのではと言われていましたが、現実に倒産の声が増えてきています。

政府も無利子での公的支援などを打ち出していますが、今後、コロナ倒産が他業種にわたるとの指摘もあり、不安感はぬぐえません。

もっと詳しく

新型コロナウイルス拡大の影響は世界的に広がっている

中国から始まった新型コロナウィルスによる経済的影響が日に日に大きくなっています。

お隣の韓国でも感染者が増えており、ヨーロッパでもイタリアで拡大。日本国内でも感染者が増えており、マスクが市場から一切消えてしまうなど混乱が続いています。

今やイタリア、スペイン、アメリカと爆発的に患者が増えている状態です。

日本では4月6日現在、残念ながら3,759人が陽性となり94人の方が亡くなっており、その拡大を防ぐには4月いっぱいが山場といわれています。

また緊急事態宣言も検討に入っており、予断を許さない状況です。

新型肺炎の影響が拡大

2月27日、政府は児童への新型コロナウイルス影響を考慮し全国すべての小中学校や高校などに来月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう要請しました。

テレワークができない家庭や医療従事者の家庭など、現場では混乱も生まれています。

また感染防止の観点から店舗の営業時間短縮や休業も増えており、自粛ムードも広がっています。

特に人が多く集まるイベントやライブは中止が決まっており、観光地や飲食店では予約のキャンセルなどで売り上げの大幅な減少が経営に大きな影響を及ぼし始めています。

いつまで自粛すればいいのかも見えづらい状況で政府の対応に注目が集まっています。

もっと詳しく

新型肺炎で経営が厳しくなってきている

中国で最初に新型コロナウイルスの発症が日本で報道されて約1ヶ月が経過しましたが、企業活動にも影響が出ています。

事業を行うにあたって中国との取引比率が高い企業にとっては、製品出荷の停止や遅延が起きており支障がではじめています。

そのため、事業としては問題ないのにコロナウイルスの影響で、資金繰りが厳しくなってきているところが増えており、3月に新型肺炎倒産が起きるのではとの懸念が囁かれています。

特に中小企業で売り上げ規模の大きくないところにとってはキャッシュフローも潤沢ではないので早急な手立てが必要になってきているのです。

今は公的支援の融資に中小企業殺到し、手続きに入るだけでも2カ月待ちで、実行されるのはもっと後です。

公的支援を申請しつつ資金繰りの「つなぎ」にファクタリングを利用する経営者が急増中です。

今すぐの資金繰りにお悩みの方へ

3月末に新型肺炎倒産が増える可能性

新型肺炎による、中国市場を収益源としていた企業や中国を生産拠点としていた工場での休止や物流網の混乱が資金難として現れるのが3月と言われています。

新型コロナウイルスの対応への見通しが立たない状況で、資金力の弱い中小企業にとってこの混乱が数か月続けば倒産するリスクも急増します。

また個人消費の面でも、政府から不要な外出を控えるよう伝えられているため自粛ムードが蔓延しており、ますます冷え込むとみられます。

2月中旬から始まったこのテレワークや自粛ムードと、原材料などを中国から頼る企業などは業務が滞っており、実質事業ができないところもあります。



資金繰りに不安のある経営者の皆様向け


コロナウイルス倒産を回避する資金繰り改善方法はコチラ

政府は新型コロナウイルス倒産を防ぐために公的金融機関から支援を用意

日本政府は新型コロナウイルスによる経済の影響を最小限に抑えるため、次々と施策を発表しています。

発表された金融支援を時系列でまとめます。
【3月9日更新】
政府は新型コロナウイルス感染症の拡大を受けて、低所得者の生活を支援する「生活福祉資金貸付制度」の対象を拡大する方針になりました。

主にフリーランスや非正規職員などが感染症の影響で収入が減った際に、無利子で最大10万円を借りられるように進めています。

また、新型コロナの影響による倒産を防ぐため緊急対策第2弾として、中小企業や小規模事業者を対象とする新たな貸付制度を創設します。

そのための原資として5千億円超を確保することが決まり3月10日にまとまります。

【2月29日更新】
政府は2月28日に新型肺炎で売り上げ急減した中小企業の全額保証を実施すると発表しました。

これは、セーフティネット保証と呼ばれる各地の信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証する制度で、すべての都道府県で実施されます。

この制度はセーフティネット保証4号と呼ばれ、災害など突発的な事由で中小企業の経営の安定に支障が出ている場合に自治体からの要請を受けて国が適用するもので、各地の信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証します。

対象となるのは、売り上げや利用者の数などが前の年の同じ月と比べて20%以上減少しその後も落ち込みが見込まれる中小企業です。

通常とは別枠で、最大で2億8000万円まで全額が保証されるため金融機関から融資を受けやすくなるメリットがあります。

各地の信用保証協会は、2月28日から事前の相談に応じ、3月2日から申請の受け付けを始めます。

またこれとは別に、売り上げなどが前の年の同じ時期より5%以上減少している中小企業を対象に借入金の80%を保証するセーフティネット保証5号の制度も拡充されます。

3月にも旅行業やホテル業などの業種が新たに指定される予定で、政府は支援する中小企業の対象を広げて資金繰り対策を強化することにしています。




2月に発表された新型肺炎に関する政府支援

2月7日、麻生太郎財務相は新型肺炎・コロナウィルスが拡大している影響で、事業経営に影響が出ている会社に対して配慮を行うように要請しました。

具体的には、政策金融機関などの公的金融機関に対し、資金繰りに支障が出ないようにするために適宜適切な貸し出しを行うものです。

当初は一部の公的金融機関のみでしたが、多くの業種に対応するために各省庁の管轄する金融支援が出そろってきています。
新型コロナ金融支援

例えば、日本政策金融公庫のセーフティネット貸付限度額は以下の通りになります。

貸付限度額

国民生活事業:4,800万円

中小企業事業:7億2,000万円

この金額を外的要因により一時的に売り上げが減少した中小企業などを対象に資金を貸し付けるとのことです。

新型コロナウイルス拡大による倒産を回避する国内の資金繰り支援

中国では政府が10数兆円規模の財政出動を表明しており、経済が行き詰まらないように対策をこうじていますが、日本国内での対応は進んでいるか調査してみました。

SNSだけでは、すべての都道府県で資金繰り支援の窓口は確認できませんでしたが、全国の企業を対象とした支援を政府が発表していますので安心できるかと思います。

しかし、新型肺炎倒産の懸念は国内での感染拡大が疑われている中で、公的支援以外での自社での資金調達や資金繰り改善の方法は準備しておきたいところです。

金融機関からの調達や、政府系金融機関では審査から実行までに日数がかかることが多く、緊急措置とはいえ最短即日というわけにはいきません。

また、フリーランスなどの個人事業主はこういった支援の選択肢が少ないので、スムーズに資金繰りを調達する方法が少ないです。

そんな中でおすすめしたいのがファクタリングです。

ファクタリングとは借りない資金調達と言われ、ここ数年利用する企業が増えています。

今は公的支援の融資に中小企業殺到し、手続きに入るだけでも2カ月待ちで、実行されるのはもっと後です。

公的支援を申請しつつ資金繰りの「つなぎ」に利用する経営者が急増中です。

今すぐの資金繰りにお悩みの方へ

借りない資金調達のファクタリングとは

ファクタリングとは今お持ちの請求書などの売掛債権を専門のファクタリング会社に買い取ってもらうことで早期に資金化するものです。

入金までの支払いサイトが長かったり、資金繰りに困り運転資金が直近で必要な際に早期に資金調達が可能です。

ファクタリング最大のメリットは資金調達の速さです。

銀行の審査と違い、売掛金への審査なので最短即日で資金化。

オンラインで申し込みできるので、オフィスにいながらすべての手続きが完了できます。

しかも、2社間ファクタリングなので取引先にファクタリングしていることを知られることはありませんし、オンラインでやり取りするので、周りの知り合いにもバレません。

また、融資とは異なり資産を売却する取引なので、返済の負担もなく資金繰りのリスクをリスクを抑えることができます。

つなぎ資金の調達にお困りの企業や個人事業主の方は、ぜひ一度利用をファクタリングを検討することをおすすめします。

輸出業もファクタリングを利用可能

ファクタリングは会社の事業の種類は問いません。

今回のような新型コロナウイルスの影響を直接受けるのは輸出業や貿易関係の企業です。

特に中国からの商品に頼っていたり、原材料の仕入れを行っている企業にとっては3月以降の資金繰りが最大の悩みになるでしょう。

そこで輸出業の事業者にファクタリングは利用がおすすめです。

コロナウイルス倒産を回避する資金繰りの優良ファクタリング会社5選

ファクタリングは売掛金を最短即日で資金化可能です。しかもオフィスにいたまま、資金振り込みまでのすべての手続きが完了するので公的支援よりも今すぐ資金が必要な時におすすめです。

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国対応ではやい・かんたん・リーズナブルが特徴。

非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社です。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要がありません。すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日現金化が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※個人向け給与ファクタリングではありません
 遅延債権はお申込みいただけません

OLTA

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


業界最速のスピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは3,000万以下までの小口ファクタリングを専門とするファクタリング会社です。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、最短で即日で資金調達可能です。

30~3000万円まで法人・個人事業主のファクタリングに対応
特に小口買取を制限する会社も多い中で小規模法人様や個人事業主の味方としてファクタリングを積極的に展開しています。

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

しかも今までのファクタリング審査通過割合も93%と安定したファクタリング実績を持っています。※個人の方や売掛債権をお持ちでない企業はご利用になれません
アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK
・30〜3,000万円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。

新型コロナによる倒産に関する口コミ

6日、帝国データバンクは、新型コロナウイルス流行による業績悪化が原因で倒産した企業が、東京都内で100件に達したと発表した。100件のうち、レストランや居酒屋などの「飲食店」が13店、「アパレル卸」6件、「建設関連事業者」6件、「ホテル・旅館」「飲食卸」5件、「アパレル小売店」5件。

都内でコロナ倒産100件に 帝国データバンク調べ sankei.com/economy/news/2… 100件のうち、レストランや居酒屋などの「飲食店」が13店で最も多く、「アパレル卸」「建設関連事業者」が6件ずつ、「ホテル・旅館」「飲食卸」「アパレル小売店」が5件ずつ。 地域別では渋谷区が最も多かった。

コロナで倒産しているお店が増えているなかで、「消費減税」ならわかりますが「消費増税」の議論はおかしいです。今、世界各国で消費減税の流れになっています。何故その逆をいくんでしょうか。 news.yahoo.co.jp/articles/cc1d5…

コロナ倒産や失業を防ぐのは政治の責任ですよ。休業の補償をして倒産を防ぎ、社員を解雇する会社にペナルティをかけて、家賃を肩代わりしないと。財源は国債はもちろん、大企業や富裕層、キャピタルゲインに高度成長期並の課税をすることです。国民がみんな豊かになれた時代並の。 twitter.com/Zizi0924/statu…

新型コロナ 資金繰りに関する口コミ

1000RT:【資金繰り限界に】フィギュアなど手掛ける「アクアマリン」が破産開始 news.livedoor.com/article/detail… 2019年9月期には赤字を計上していたほか、新型コロナの影響で中国の工場が稼働停止して納品が出来なくなっていた。

【資金繰り限界に】フィギュアなど手掛ける「アクアマリン」が破産開始 news.livedoor.com/article/detail… 2019年9月期には赤字を計上していたほか、新型コロナの影響で中国の工場が稼働停止して納品が出来なくなっていた。

7月のお金の量576兆円 4カ月連続で過去最大 sankei.com/economy/news/2… 4カ月連続で過去最大を更新した。新型コロナウイルスで打撃を被った企業の資金繰りを支える金融機関に対し、通常より有利な条件で資金を供給しているためだ。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本のファクタリング
個人を対象にしたファクタリングは危険です!
給料ファクタリング 違法

給料ファクタリング

-ファクタリング, NEWS

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2020 All Rights Reserved.