ファクタリング

ファクタリングの手数料の相場はいくら?手数料以外にかからない?手数料の計算方法と注意点

更新日:

ファクタリング手数料
ファクタリングは急な資金需要に迅速に対応できる資金調達の方法として近年、中小企業や個人事業主でよく利用されるようになりました。

売掛金を早期に現金化する性質上、スピードが重視されますが債権の現金化にはどうしても契約上、手数料が発生します。

しかも、ファクタリングの手数料は会社ごとの差が大きく、目的と資金調達したい時期などを踏まえてファクタリング会社を選ぶことが重要です。

基本的にはファクタリング会社各社のウェブサイトを見比べたり、複数で見積もりをを取ることで、取引債権に対する相場観が見えてきます。

ファクタリング利用の際は選ぶ時間に余裕を持って、積極的に手数料を比較情報の収集を行いましょう。

この記事では、ファクタリングの手数料の仕組みや計算方法、手数料以外にかかる諸経費などについて解説していきます。

ファクタリングの手数料の平均ってどれくらい?

ファクタリングは現在、はっきりとした法的な規制が入っていないので、手数料の数字についてはサービスを提供する各企業が自由に設定できる状況です。

そのため、具体的な数字は個別の業者に問い合わせる必要がありますが、ここでは業界全体としての平均的な相場を見てみます。

契約形態として、利用者とファクタリング業者の2社間ファクタリングで行うものと、利用者の取引先も含めた契約となる3社間ファクタリングで行うものがあります。

それぞれの手数料的には2社間ファクタリングの方が高く、3社間ファクタリングの方が低くなるのが普通です。

大体の手数料相場としては以下のような感じになります。

ポイント

2社間ファクタリング;譲渡債権額の10%~30%程度
3社間ファクタリング:譲渡債権額の1%~5%程度

2社間と3社間の各ファクタリングでは手数料かなり開きがありますが、これはファクタリング業者のリスクが考慮されるためです。

3社間ファクタリング契約では利用者の取引先の了解を取って契約当事者に組み込むことができるので、ファクタリング業者としては資金回収の確実性が上がります。

その分が手数料率の減という形で現れるので、2社間ファクタリングよりは安くなるのです。

ファクタリングの手数料は状況によって各社で調整が入る

先ほど見たファクタリングの手数料の平均を軸に、実際には個別ケースで各社調整をかける手数料体系としています。

調整が入る要素としては、例えば会社の信用力やファクタリングの利用回数(利用実績)、買い取る債権の額、ファクタリングの種類などがあります。

基本的に会社の信用力が高いほど、ファクタリングの利用回数が多いほど、買い取る債権の額が大きいほどに手数料は下がる方向になります。

介護報酬ファクタリングは手数料が低めになりやすい

また、ファクタリングにはいくつか種類がありますが、例えば介護報酬ファクタリングは手数料が低めになることが多いです。

この種類は介護事業者が国民健康保険団体連合会(国保連)に対して持つ介護給付費の請求権を買い取るものですが、売り掛け先となる国保連は一般の民間業者と違って倒産するような危険がありません。

ファクタリング業者としては資金回収のリスクが低いので、その分手数料は低めとなる傾向にあります。

また介護報酬ファクタリングは通常三者間契約で行うことになるので、この面でも確実性が高くなる分、手数料は下がってきます。

介護報酬ファクタリングの手数料相場としては0.5%~3%程度が目安になります。

このように、一般的にファクタリングの手数料は高いというイメージがありますが、ケースによっては負担感がかなり軽減されることがあるのです。

ファクタリングの諸経費

ファクタリング会社の契約条件やケースによって異なりますが、手数料以外にも諸経費が必要になる場合があります。

まず、債権譲渡契約書に貼付する印紙代として200円がかかります。

債権譲渡登記を行う場合は登録免許税7500円(債権の個数が5000個を超える場合は15000円)、契約終了後には抹消登記にかかる登録免許税として一件につき1000円かかります。

加えて登記手続きを司法書士に依頼する場合はその報酬が必要になります。

司法書士の報酬は事務所により異なりますが数万円程度になるでしょう。

ファクタリング事業者によっては他に審査料として数千円かかることもあります。

諸経費についてはケースごと、事業者ごとに異なるので事前に確認しましょう。

ファクタリング手数料と諸経費の計算方法

ここでファクタリング手数料と諸経費を合わせた計算例を見てみます。

ファクタリングでは初回の買取金額の入金後、ファクタリング業者が債権回収を経た後に仮押さえしていた精算金が戻ってくるというケースが多いです。

計算例として譲渡債権額が1000万円、手数料は10%(100万円)、諸経費は5万円とします。

また債権額1000万円のうち※掛け目は80%とします。

この場合、まず1000万円×80%=800万円が買取金として利用者に支払われます。

残りの200万円は業者に仮押さえされた状態です。

その後、売り掛け先から1000万円がファクタリング業者に入金され債権回収が済むと、手数料と諸経費の精算が行われます。

仮押さえされた200万円から手数料と諸経費が引かれます。

200万円-(手数料100万円+諸経費5万円)=95万円

第一段目の800万円と、清算金としての95万円、合わせて895万円が利用者の手元に残ることになります。

※掛け目とは・・譲渡債権額のうちファクタリング業者がリスクを考えて実際に買い取り対象とする価額

ファクタリング手数料に消費税はかかる?

ファクタリングは金銭債権の譲渡取引にあたるため、消費税の課税取り引きから除外されています。

従ってファクタリング業者に支払う手数料には消費税はかかりません。

ただし、債権譲渡登記を行う場合で司法書士に報酬を支払う場合はその報酬に消費税がかかります。

登記にかかる登録免許税は税金ですので消費税はかかりません。

明細をチェックする際にはファクタリング業者の手数料に対して消費税がかかっていないか注意してチェックするようにしましょう。

ファクタリング会社ごとの手数料比較のポイント

前述のようにファクタリングの手数料は平均相場はありますが、ファクタリング会社によって異なります。

また、悪徳なファクタリング会社ですと大幅に高い手数料を提示する場合がありますので注意が必要です。

ポイント

・ウェブサイトなどで手数料を比較する
・相見積もりで複数社を比較する

手数料の相場の理解も大切

既に触れた通り、ファクタリングの相場は「2社間または3社間ファクタリング」で大きく決まってくるので、取引形態ごとの手数料相場も把握しておくと良いでしょう。

ファクタリング業界は今競争激化の流れにあり、手数料相場の下落が続いています。今後もこの傾向はしばらく続くものと見られており、これから取引を行う方にとって有利です。

特約で割安手数料の提供も

債権はたとえ同じ額面でも、自社や取引先の情報により様々な相違点が生じます。そのため、ファクタリング業者の中には掛目を設定して債権の一部のみを引き受けたり、償還請求権(リコース)を付与してリスク回避を図る会社もあります。

これらはいずれも手数料の減額に繋がる特約なので、場合によっては交渉しても良いでしょう。

ファクタリング会社の手数料を整理してみる

ここでは主なファクタリング会社の手数料を各社ごとに調べてみました。

業種や初めての利用など諸条件がありますので、実際の申込時の手数料とは言葉る場合がありますのでご注意ください。

OLTA(オルタ)の手数料

クラウドファクタリングのOLTA(オルタ)の手数料は、2%~9%の範囲内で見積もり審査時に提示されます。

手数料の審査は、請求先の信用情報に加え、お客様の利用実績や提出いただいた財務情報等に基づき都度判定されるので、毎回同じ手数料とならない可能性もあります。

また、同じ売掛先での申込みで手数料が2回目以降下がるということは確約ではないので都度問い合わせを行いましょう。

アクセルファクター(AccelFacter)の手数料

アクセルファクターの手数料は2%~20%の範囲で提示されます。
具体的には売掛債権の金額と確認書類を元に見積もりが行われます。

売掛債権額 ファクタリング手数料
~100万円 10%~
101~500万円 5%~
501~1,000万円 2%~
1,001万以上 別途お問い合わせ

※2021年7月1日現在

審査は確認書類が整っていれば、最短で1時間程度で完了しメール・FAX等で書類を送って見積もることも可能です。

アクセルファクター
アクセルファクターは小口ファクタリングを専門とする3000万以下では最速で資金調達可能なファクタリング会社|口コミと評判を徹底解説!

評価:4.71-2,482件 アクセルファクターは東京都新宿区高田馬場にあるファクタリング会社で、小口ファクタリングちょ呼ばれる少額のファクタリングを得意としています。 少額とはいえ、買取可能な売掛債 ...

事業資金エージェントの手数料

事業資金エージェントの手数料は売掛先様との取引状況によって異なります。

通常は3社間ファクタリングで1.5%~9%、2社間ファクタリングだと5%~20%となっています。

取引先との関係が強固でファクタリングについて理解のある企業は3社間がおすすめです。

またファクタリングについて取引先へ秘密厳守で進めたいとお考えの企業は2社間がいいでしょう。

事業資金エージェント
事業資金エージェントの口コミと評判を徹底調査|500万までなら対面不要で最短3時間・即日対応可能なファクタリング会社

事業資金エージェントは500万円までのファクタリングであれば、対面不要・最短3時間で資金調達が可能なファクタリング会社です。 東京に事業所を構え事業を行っていますが、非対面でのファクタリングを提供して ...

ビートレーディングの手数料

ビートレーディングの手数料は主に2社間ファクタリングか3社間ファクタリングかによって変わります。

  • 2社間ファクタリング:10~20%
  • 3社間ファクタリング:1~9%

ビートレーディングは事業者の資金調達のニーズに合わせて商品がありますので事前に見積もりを行うのがいいでしょう。

  • 2社間ファクタリング(最短即日)
  • 3社間ファクタリング(低手数料)
  • 注文書ファクタリング(注文書買取)
  • 診療報酬ファクタリング
  • 介護報酬ファクタリング
  • Beトレペイメント
ビートレーディング
ビートレーディングのファクタリングは16000社以上の実績で審査が早いファクタリング会社|利用者の評判・即日の資金調達が可能か徹底調査

評価:4.91-5,789件 ファクタリングを専門に行う売掛金買取会社、ビートレーディングは東京都港区に本社を置いています。 数あるファクタリング会社の中でも、ビートレーディングは2社間、3社間、診療 ...

手数料が低いおすすめ優良ファクタリング会社

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2022 All Rights Reserved.