ファクタリング

黒字倒産とは?キャッシュフローの改善で倒産を回避する方法

投稿日:

黒字倒産

☆☆☆☆☆
評価:4.89-5,991

企業経営において倒産という言葉は他社であれ聞きたくな言葉の一つです。

常に資金繰表に注意を払いながら健全な経営をしていきたいですが、景気や外部環境の影響もありますからキャッシュフローはしっかり考えておきたいところ。

でも、会社の帳簿上はしっかり黒字なのにある日突然倒産してしまうことがあります。それが黒字倒産です。

倒産と言えば売り上げがない赤字倒産のイメージですが、黒字でも倒産します。

今回は黒字倒産についてご紹介しつつ、黒字倒産の回避する方法をご紹介します。

黒字倒産とは

黒字倒産とは、月次や年次の決算書上では黒字になっているのに現金が銀行口座にほとんどなく、必要な債務の支払いができなり倒産することです。

会社がが倒産してしまうのでは赤字だからではありません。会社の経営を継続することができなくなったときです。

一番多いのは、取引先や家賃、給与など外部へ支払うための現金が支払期日までに足りずに払えなくなったときが会社の倒産です。

では、なぜ決算書では黒字で健全な経営状態なのに、現金がないのでしょうか?

黒字倒産の原因は売掛金の入金と買掛金の出金のずれ

サービスやモノの販売によって損益計算書には売り上げが計上されますが、実際に現金が入金されてくるのは1ヶ月から長い場合には数か月後になります。

現金商売であればその場で交換となりますので危険ではありませんが、業種や業界によって入金サイクルの違いを考慮しなければなりません。

提供するサービスやモノは原価がかかりますから売る前に買う=仕入れが発生します。

この売りと買いのタイミングは完全に一致しません。それに買うが先にあって売りになるので、このバランスが崩れると黒字倒産になるのです。

つまり、「売掛金はたくさんあるが、現金が入ってきていない」状態です。

このサービスやモノの在庫と売掛金を「運転資金」と言います。

所要運転資金の算出方法はこちらの記事をご覧ください。

黒字倒産は身近にある

株式会社東京商工リサーチ『2016年「倒産企業の財務データ分析」調査』によると、倒産した544社のうち半数以上が最終決算で黒字を計上した企業でした。

黒字倒産の多さに驚かれるかもしれませんが、好景気や事業がうまくいってるときはキャッシュフローサイクルに対して経営者の意識は薄くなりがちになります。

「売り上げがこんなにある」では危険なのです。そのためにキャッシュフロー計算書は非常に重要になります。

黒字倒産を防ぐには

一般的にサービスやモノを仕入れて作って販売し、売掛金を回収するビジネスの流れにおいては、サービスやモノが売れなくても、売掛金が入金が先であっても、最初の仕入に関する代金を必ず支払わなければなりません。

仕入から売掛金の入金までの期間が長くなればなるほど、黒字倒産しないためにも、キャッシュフローを考えた現金の保有が必須です。

もし現金の確保が難しくなった場合は、その期間の資金繰りをつなぐための資金が必要になります。

ここからは黒字倒産を防ぐための方法をご紹介します。

銀行からの借入をする

銀行からの借り入れは会社にとって一番はじめにおすすめしたい方法です。しかし、注意点もあります。

銀行からの資金調達は、審査から資金調達の完了まで時間がかかります。

金融機関は審査も厳しく必要書類も多いため、損益計算書・貸借対照表を見ながら数か月から半年先のキャッシュフローが計算できていないといけません。

先ほど述べたように黒字倒産は急におきます。売掛金がある取引先が倒産した場合にもこちらに連鎖倒産のリスクが急に出てくることおもあるからです。

売掛金の早期現金化をファクタリングで行う

黒字倒産は中長期で対処すれば避けることができると思われがちですが、経済状況や従事する業界の変化にも影響を受けます。

売掛金が膨れ上がって一度資金繰りが悪くなってしまうと、その後は自転車操業のようにどんどん悪化していく可能性が高いです。

ですので、キャッシュフローの改善のために、『ファクタリング』によって資金を調達することを検討してみましょう。

ファクタリングとは、売掛金(売掛債権)をファクタリング会社に売却(譲渡)する資金調達方法であり、最短ならば即日で現金を手にできます。

また、取引先の与信に対して審査が行われるので金融機関の審査のように必要書類や審査基準が厳しいことはありません。

ファクタリングは「借りない資金調達」として、黒字倒産対策に向いていると利用する会社がここ数年重蔵しています。

黒字倒産を回避するキャッシュフローの改善を

会社経営はうまくいってるのに、ある日突然会社が倒産してしまった・・・

黒字倒産は例外ではなく普通に起こりえることです。会社の倒産によって従業員の生活も取引先のことを考えると会社にとって大きなダメージを与えてしまうのは間違いありません。

ですので、黒字倒産にならないためにも、自社の財務状況を把握し、日ごろから資金繰りを良好に保っておくことを意識しておきたいところです。

またもし、売掛金が膨れ上がり、資金繰りが悪化してしまった場合には、ファクタリングを利用して、傷口が広がる前に早期改善していきましょう。

資金繰りの相談が今すぐ可能なファクタリング会社

非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

【えんナビ】は株式会社インターテックが提供するファクタリングサービスです。

法人だけではなく個人事業主でもご利用が可能で償還請求権無しの完全買取を行っており、売掛先倒産リスクを含めて買取しています。

(買取り対応額は50万~5千万となります。)

【24時間365日最短1日の資金調達が可能】
他社にはないポイントとして24時間365日対応しているのでいつでも相談が可能です。売掛金を最短で即日資金化を行ってる実績が強みです。
えんナビ

ポイント

・24時間365日最短1日の資金調達が可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし


事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

ジャパンマネジメントは、倒産や破産している売掛先でもファクタリング可能な柔軟な対応が魅力のファクタリング会社です。

また、ファクタリングとともに、経営相談も実施しているので、的確な経営アドバイスまでもらえるそうです。売掛を譲渡したら終わりではなく、財務健全化へ向けたフォローをしてくださるのもおすすめポイントではないでしょうか。ファクタリング業者は、資金調達においてプロなので安心してアドバイスを受けられます。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?仕組みを図解でわかりやすく解説!即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.