ファクタリング

所要運転資金の計算方法と回転期間の考え方|売上債権回転期間の長期化に注意!

投稿日:2019年5月13日 更新日:

所要運転資金

☆☆☆☆☆
評価:4.78-4,498

会社を経営していく上では思っている以上に沢山の資金が必要となります。

特に『所要運転資金』は、経営を行っていく上で重要となる大事な資金です。

会社として所要運転資金を把握できていなければ、最悪の場合「黒字倒産」なんてことにもなりかねません。

余裕をもてる運転資金の目安は粗利の3~6ヶ月分です。

そこで今回は、所要運転資金を理解するのに知っておきたい情報を徹底解説していきます。

本記事でわかること

・所要運転資金とはなんなのか?
・適正な所要運転資金の計算方法
・売上債権回転期間の重要性
・運転資金の調達方法

注意ポイント

運転資金の目安は粗利の3~6ヶ月分

経営状況や業種にもよりますが、運転資金として手元に最低限残すべき運転資金は粗利の3ヶ月~6ヶ月分が目安となります。

特に中小企業や個人事業主で運転資金が2ヶ月を切ると資金ショートリスクは急激にあがります。

余裕をもった資金繰りの確保は必須です。急な資金繰りが必要になった時に最短即日でお持ちの売掛金を資金化できるのがファクタリングです。

もし少しでも資金繰りに不安がありましたら、ファクタリング会社のサイトで「今いくら資金調達が可能か?」の無料診断をおすすめします。

即日現金化可能な優良ファクタリング会社はコチラ


所要運転資金とは?

所要運転資金』とは、企業が常時必要となる運転資金の目安で経常運転資金とも呼ばれます。

例えば、取引先と掛取引を行っていた場合、売上を上げたとしてもすぐに現金が増えるわけではありません。

多少の前後はあるとしても、通常売掛金が支払われるまでには「1ヶ月~半年程度」の期間がかかってきます。

しかし、売掛金が入金されないとしても、商品の仕入れ代金などは締め日と支払い日を決めて、その期日通りに支払わなくてはいけません。

よって、入金日と支払日にはどうしてもズレが生じてしまうのです。そして、その間をつなぐために必要となってくる資金が所要運転資金となります。

所要運転資金が足りないと黒字倒産も

所要運転資金が把握できていない場合、売掛金は多くあるのに現金がなく会社が経営できなくなる黒字倒産になってしまうリスクがあります。

所要運転資金の計算方法

所要運転資金の算出方法は単純です。

以下の計算式を使うことで、所要運転資金は算出できます。

所要運転資金の計算方法

【所要運転資金=売上債権+棚卸資産-仕入債務】

○棚卸資産=企業が販売する目的で、一時的に保有している商品・製品・原材料・仕掛品の総称

○売上債権=取引先との間で生じた営業上の未収入金(売掛金)や手形債権

○仕入債務=企業が商品やサービスを購入し、未払いとなっている債務

それでは、実際に具体例として計算していきましょう。たとえば以下のようなA社があったとします。

A社の所要運転資金

○月平均売上=1,000万円
○仕入原価率=50%
○仕入の支払い期日=1ヵ月後
○売上債権の回収日=売上げてから2ヵ月後
○棚卸し資産=月商の1か月分

では次に、A社の数値を計算式に当てはめてみましょう。

・棚卸資産=1,000万円
(一か月分の在庫を保つために必要)

・売上債権=1,000万円×2か月分=2,000万円
(売上を上げてから、代金の回収に2ヶ月を要するため)

・仕入債務=500万円×1ヶ月
(原価率50%で仕入れた商品代金を1ヶ月後に支払うため)

これを計算式にあてはめますと、以下のように算出できます。

A社の所要運転資金

2,000万円(売上債権)+1,000万円(棚卸資産)-500万円(仕入債務)=2,500万円(所要運転資金)

結果、A社は所要運転資金として「2,500万円」が必要ということが分かります。

利益とは関係なく必要となる所要運転資金

所要運転資金は、利益が上がる、上がらないとは関係なく経営を持続していくために必要となる資金です。

所要運転資金が不足してしまうと支払いなどに窮してしまい、結果的に資金繰りが苦しくなってしまいます。


ファクタリング来店不要
ファクタリング 来店不要でオンライン対応可能な優良ファクタリング会社の選び方

最短即日・来店不要の優良ファクタリング会社を見る 評価:4.55-3,189件 ファクタリングは、請求書などの売掛金を即日に現金化することができるサービスです。最短即日で現金化が可能で、借りない資金調 ...

所要運転資金の計算方法

回転率から資金の効率性をはかる

資金の効率性をはかる手段として、『回転率分析』があります。

自社ではしっかりと効率的に資金が回転しているのか、使っている資金がどれだけの売上を生み出しているのかをはかる指標となります。

また、回転率分析を行うことで、適切な所要運転資金で経営を行えているかを知ることもできるようになるのです。

資金繰りの悪化や黒字倒産といったリスクを回避するためにも、回転率分析は必要となります。

売上債権回転期間と売上債権回転率

売上債権回転期間を知るための売上債権回転率』は、以下の計算方法で算出することが可能となります。

【売上債権回転率=売上高÷売上債権(売掛金・受取手形等)】

【売上債権=売掛金+受取手形-前受金】

売上債権回転率とは、売掛金などの債権がどの程度の期間で現金化できているかを示す指標で売上債権回転期間とも言われます。

売上債権が少なければその分回転率は高くなり、結果効率的に資金が流動しているということとなります。

売上債権回転期間の長期化は注意!

売上債権回転期間は業界や業種によって違いはありますが、長いところでは6ヶ月のところもあり、取引実績によって長期化する場合もあります。

信用が上がることはいいことではありますが、売上債権回転期間はできるだけ短くしておきたいポイントです。

お持ちの売掛金で資金調達するならコチラ


ファクタリング個人事業主
ファクタリングする個人事業主が即日でOKになるために気をつけるポイント4選

評価:4.92-5,789件 結論個人事業主の方でもファクタリングは利用可能です。個人事業主だからファクタリングを断られるのはもう昔の話です。  資金調達がそう簡単ではない個人事業では、小額から対応可 ...

棚卸資産回転率

棚卸資産回転率は、以下の計算方法で算出することが可能となります。

【棚卸資産回転率=売上高÷棚卸資産】

【棚卸資産=材料+仕掛品+製品・商品】

棚卸資産回転率からは、在庫が仕入から販売されるまでの期間(回転率)が分かります。回転率が高いということは、それだけ在庫を抱えていないということです。

その反面、売上げることなく在庫を沢山抱えてしまっている状況では、回転率は下がってしまいます。

在庫が少なすぎると機会損失のリスクが高まりますが、逆に抱えすぎてしまうと資金繰りの圧迫に繋がる可能性があります。

適正な在庫量を保つためにも、棚卸資産回転率には常に注視しておかなくてはいけません。

仕入債務回転率

仕入債務回転率は、以下の計算式で算出することが可能となっています。

【仕入債務(買掛債務)回転率=売上原価÷仕入債務(買掛金・支払手形)】

【仕入債務=買掛金+支払手形-前渡金】

仕入債務回転率は、仕入にどれだけの時間がかかっているかを示す指標です。回転率が低ければ、それだけ支払いに時間がかかっていることとなります。

回転期間からより詳しい数値を算出する

上記でご紹介した回転率は、日数や月数に置き換えることで回転期間を算出することが可能となっています。

計算式は簡単で、売上債権と棚卸資産、仕入債務をそれぞれ1日(もしくは1ヶ月)あたりの売上高(平均日商・平均月商)で割るだけです。

たとえば、例としまして以下のような業績のA社があったとしましょう。

A社の回転期間

○1年の売上累計:5,000万円
○売上債権:1,000万円
○仕入債務:500万円
○棚卸資産:300万円

上記のA社の場合、回転期間は以下の通りとなります。

回転期間

売上回転期間:1,000÷(5,000÷365日)=約73日
棚卸資産回転期間:300÷(5,000÷365日)=約21日
仕入債務回転期間:500÷(5,000÷365日)=約36日

回転期間を算出すれば、その会社が仕入から売上げて回収するまでの期間が明確となります。

この結果、A社の場合では仕入から約21日で売上げ(棚卸資産回転期間)、その後約73日で売上債権を回収(売上回転期間)、仕入の支払いは約36日後に行っていることが分かります。

即日資金調達OKなおすすめファクタリング会社をみる⇒

所要運転資金の計算方法

所要運転資金を算出

各回転期間がわかれば、所要運転資金の算出も可能です。

上記の場合、所要運転資金が必要になる日数や、運転資金回転期間は以下のようになります。

・商品を仕入れてから販売するまでの期間=約21日
・売上げてから回収するまでの期間=約73日
・在庫を仕入れてからその支払いを行うまでの期間=約36日

【21日+73日-36日=58日】

A社の所要運転資金が必要となる期間は「58日」であることが算出できたため、これにA社の1日あたりの売上げである136,986円をかけましょう。

すると、「136,986円×58=7,945,188円」となるため、結果としてA社には、所要運転資金として『7,945,188円』が必要ということが算出できます。

ファクタリングで所要運転資金を調達する

所要運転資金の把握しておくことは、資金繰りの悪化や黒字倒産などのリスクを防ぐために必要なことです。

しかし、いくら所要運転資金を把握したとしても、それをすぐに準備できるかは別問題です。

特に中小企業などは、自転車操業に近いぎりぎりの状態で資金を回しているケースも珍しくないため、簡単には新たに資金を準備できないでしょう。

そこでおすすめなのが、『ファクタリング』で資金を調達する方法です。

ファクタリングは、売掛債権を持っている企業ならば誰でも利用することが可能であり、すぐにでも資金を調達できます。

売上債権回転期間の長さに注意

売掛による取引を行った場合、通常ならば売上げてから現金を回収するまでに数ヶ月の期間を必要とします。

しかしファクタリングを利用すれば、最短ならば即日にでも売掛債権を資金化することができるのです。

急遽資金が必要となったり、キャッシュフローの改善を行いたいという方には、ファクタリングでの資金調達がおすすめとなります。

所要運転資金は要チェック!

円滑に滞りなく会社を経営していく上で、所要運転資金の把握は必要不可欠です。

売上げばかりに目をやるのではなく、つなぎとなる所要運転資金にも注視しておかなくては、資金ショートとなる可能性もあります。

また、どうしても資金が足りない場合は、ファクタリングでの資金調達を検討しましょう。

ファクタリングならば売掛金をお持ちであれば、最短で即日で資金を調達することが可能です。

仮に自社が赤字経営であったとしても利用することができます。

黒字倒産を避けるためにも、所要運転資金は常にチェックしておくことをおすすめします!

即日の資金調達におすすめなファクタリング会社

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国対応ではやい・かんたん・リーズナブルが特徴。

非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社です。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要がありません。すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日現金化が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※給与ではなく請求書が対象になります。

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら


資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

【えんナビ】は株式会社インターテックが提供するファクタリングサービスです。

法人だけではなく個人事業主でもご利用が可能で償還請求権無しの完全買取を行っており、売掛先倒産リスクを含めて買取しています。

(買取り対応額は50万~5千万となります。)

【24時間365日最短1日の資金調達が可能】
他社にはないポイントとして24時間365日対応しているのでいつでも相談が可能です。売掛金を最短で即日資金化を行ってる実績が強みです。
えんナビ

ポイント

・24時間365日最短1日の資金調達が可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし


10秒で簡単無料査定【日本中小企業金融サポート機構】

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のファクタリング会社です。郵送ファクタリングという他社にはない非対面で審査から契約まで完了できるサービスを提供しています。従来は平気3.5時間と交通費がかかっていたの、なんと最短30分と郵送料510円だけで済むのです。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.