ファクタリング

個人事業主向けおすすめのファクタリング会社【2022年9月】即日入金・少額・オンラインOKの会社を選ぶ際のポイント

更新日:

ファクタリング個人事業主
個人事業主の方にとって経営で一番の悩みは資金繰り。特に急な資金が必要になったときです。

少額の資金が必要になったときに、一般的な資金調達では適していないことが多く、例えば銀行融資は手続きが煩雑で実行までに時間がかかります。

ビジネスローンは借り入れ実績が残ってしまうため、あまり使いたくないでしょう。

ここ数年に注目されているのがファクタリングです。

ファクタリングは借りない資金調達とも言われ、売掛債権があれば最短即日で資金調達可能なサービスです。

ですが、実は今まで個人事業主には対応しないファクタリング会社が多くありました。

個人事業主の方でファクタリングによる資金調達を断られたという苦い経験をされたかもしれません。

でも安心してください、今は違います。

結論

個人事業主でファクタリングは利用可能です。
個人事業主だからファクタリングを断られるのはもう昔の話。個人事業主OKで全国対応のファクタリング会社が増えています。 

資金調達が簡単ではない個人事業では、小額から対応可能なファクタリングは有力な資金調達方法です。

今はオンラインでファクタリングの審査、契約書の締結、資金調達までを完了できる会社も登場しています。

経営の決断にスピード感が求められる今、個人事業主にとって今月の資金繰りも死活問題ですよね。

こちらでは個人事業主に積極的に対応している最短で即日対応も可能な優良のファクタリング会社をご紹介します。

個人事業主OKな即日対応のファクタリング会社【3選】

会社名 資金化まで 詳細

アクセルファクター
公式サイト⇒
最短翌日

詳細


ウィット公式サイト⇒
最短即日

詳細


ファクタリングのTRY
公式サイト⇒
最短翌日

詳細

ファクタリングとは?

ファクタリング(factoring)とは、企業や個人事業主・フリーランスが所有している売掛債権(請求書や売掛金など)を専門のファクタリング会社が買い取って、売掛金が入金される前に資金化するサービスです。

買い取られた債権は、利用した法人に入金されたタイミングでファクタリング会社に支払います。

元々は銀行の付随業務として提供されていましたが、ここ数年、借りない資金調達として、主に中小企業や個人事業主の間で利用が広まってきました。

しかし、ここ4~5年ほどで、「借りない資金調達」として小規模経営者・個人事業主へ広く認知されてきています。

売掛金は業種にもよりますが、入金まで数ヶ月~半年の期間があるのが一般的の小売のようにすぐ現金が手に入ることは少ないです。

売掛金は商売を行うときにはどんな業種でも発生するもの。大企業だけではなく個人事業主で仕事を受けている方も、売掛金を持っています。

その売掛金を活用して早期に資金を調達するのがファクタリングです。

ファクタリングの仕組み

ファクタリングは、主に利用者が保有する債権をファクタリング会社が買い取り、債権の額面金額に応じた金銭を支払うという契約です。

では、ファクタリングで言われる「債権」とはなんでしょうか?

債権とは、「ある人が、他の人に対してお金や行為などを請求する権利」のことを言います。

例えば、AさんがBさんにお金を貸した場合、AさんはBさんから貸した分のお金を返してもらう債権を持っていることになります。この時Aさんのことを「債権者」、Bさんのことを「債務者」と呼びます。

日本における企業間の商取引では、その場で現金払いすることは多くありません。

通常、取引で発生した売上は債権として記録され、後から清算されます。

債権には売掛金や手形・小切手、未収金など様々なものがありますが、ファクタリングで売買されるのは「売上債権」と呼ばれる売掛金や受取手形などが一般的です。

最近では手形での決済を行う業種が減っていますので、ここでは請求書などの売掛金を元に解説していきます。

ファクタリングの契約形態には、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング
2社間ファクタリングとは、債権者である利用者とファクタリング会社の2社だけで契約が完結します。

2社間ファクタリングでは、債務者である取引先に対して債権を譲渡することを通知したり承諾を得たりする必要がありません。

つまり、取引先は請求書がファクタリング会社に買い取られたことはわからないのです。

そのため、取引先に一切知られることなく資金調達できるメリットがあります。

また、利用者とファクタリング会社だけが合意すれば契約が成立するため、現金化まで非常にスピーディに進めることが可能です。

ファクタリング会社によっては、即日現金化に対応している業者もあります。

一方、2社間ファクタリングは手数料が高いというデメリットがあります。

2社間ファクタリングでは、期日を迎えた債権は一時的に利用者へ入金され、利用者がファクタリング会社に支払いを行います。

この時、利用者が資金を使い込んでしまうことも考えられるため、ファクタリング会社にとっては回収不能になるリスクが高くなるため、手数料を高めに設定することが多いのです。

しかし、最近ではAIや独自審査のノウハウを活用して業界最安水準の手数料を2社間ファクタリングで実現している会社も出てきています。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング
3社間ファクタリングでは、債権者である利用者、ファクタリング会社の他に債務者である取引先も契約に参加します。

債権の回収・取り立ては、全てファクタリング会社が直接行います。

この点が2社間と大きく違います。

一般的に、3社間ファクタリングの方が手数料を安く抑えることができるメリットがあります。

ファクタリング会社が直接取り立てるので、回収不能になるリスクが少ないためです。

一方、ファクタリングを利用する事実を取引先に知られてしまうデメリットがあります。

債権を売却する事実を知った取引先から、「経営がうまくいっていないのでは?」などと思われることもないとは言い切れません。

3社間ファクタリングはデメリットがありますが、手数料が安いことは大きな魅力です。

取引先から承諾を得られる可能性が高ければ、3社間ファクタリングで契約することをおすすめします。

医療業界は古くから3社間ファクタリングを導入しているので業界によっては抵抗がない会社もあります。

ファクタリングは個人事業主でも利用可能?

ファクタリングは個人事業主でも利用可能です。

以前までファクタリングと言えば、中小企業から大きな企業までが利用するもので、特定の業種・業界に限られていると思われていました。

つまり個人事業主ファクタリングを利用するものではないというのが通例だったのです。

しかも、個人事業主をはじめから受けてつけていないファクタリング会社は今でもあります。

これは個人事業主によくあることであなた自身の問題ではありません。

今までのファクタリング会社は売掛金の規模に関係なく、審査などにコストがかかっており、個人事業主が申し込む少額のファクタリングでは利益をあげることができませんでした。

同じ手間がかかるのであれば規模の大きな会社で、審査がしやすいところのファクタリングを引き受けていたのです。

しかし、インターネットの普及や国の後押しもあり、ファクタリングは対応する業種や規模を拡大させています。

世界のファクタリング市場は、2020年に約3,343億米ドルの規模に達しました。今後、2021年から2026年の間に市場は約6%のCAGRで成長すると予想されています。
(引用URL:ファクタリング市場、2021年から2026年の間に約6%のCAGRで成長見込み

個人事業主OKな優良ファクタリング会社はコチラ

ファクタリングは個人事業主でも即日でOKなのか?

結論から申し上げると、個人事業主の方もファクタリングに申し込んで売掛金を即日で現金化して資金調達することは可能です。

先程述べたように、当初のファクタリング会社は主に中小企業を相手に売掛債権の買取を行ってきていました。

それが近年の商慣習の変化から、個人事業主でも審査に通ることができる売掛債権をお持ちの方も増えてきたので対応ができるようになったのです。

ファクタリング会社もここ数年で参入が増え、医療業界向けなどの業界特化したり、個人事業主に特化、契約完了まで対面することがないクラウドファクタリングとお客様ニーズに合わせて細分化が進んでいるのです。

しかも、非対面で最短1日で資金調達可能なオンラインに対応したファクタリング会社も登場しています。

個人事業主が対応可能なオンラインのファクタリング

個人事業主を対象にオンラインで全ての手続きが可能なファクタリング会社があります。

今までのファクタリング会社は電話などで相談・見積もり後に面談で行く必要がある会社が多かったのです。

しかし、今はインターネットの普及やオンラインでの契約書が可能になり、審査から契約、資金調達まで会わずに完結できるようになったのです。

個人事業主の持つ請求書でファクタリングできる?

個人事業主の方が取引先から受領した請求書でファクタリングを利用して即日で資金化することは可能です。

請求書は取引先に対して発行したものであれば、売掛金の対象となります。

但し注意が必要なのは、請求書の相手先が法人かどうかです。

個人を相手にした請求書は受け付けないファクタリング会社がほとんどなので、個人事業主同士や企業と個人事業主など法人同士の請求書であることが大事です。

個人事業主がファクタリングを使う際に気をつけること

個人事業主ファクタリング
個人事業主へのファクタリングが広がっているとはいえ、しかし気をつけなければいけない点が企業と違いいくつかあります。

個人事業主がファクタリングの申込みを行う際の審査で必ず個人事業主特有な点ですので、当てはまっていないかチェックしておきましょう。

社会保険等の滞納はないか

個人事業主はまさに個人の審査の面もあります。そのため、法律的に決められた社会保険料等の公的に納付しなければいけない費用等を収めていない場合、ファクタリングの審査を受ける際に問題となる場合があります。

税理士による決算書類等は揃っているか

個人事業主でも確定申告が必要です。そのため、事業としての決算書類等が整備されているかもとても重要です。できれば税理士による定期的なチェックと書類の整備はしておく必要があります。

売掛債権の額と期間

ファクタリング会社としては売掛金を買取る形になりますから、一定の金額がある売掛金があるものを選びたいです。

個人事業主では少額の売掛金の場合も多く、この点を敬遠されることが多いのです。

また入金サイクルが長い場合にも避けられることがありますので、取引先との契約は見直しすることが賢明です。

一方で、少額の売掛債権の買取に特化したファクタリング会社もありますので、売掛金の額と資金繰りに必要な金額を考えてファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリングの手数料相場を理解する

ファクタリングを申し込むとき、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで違うのと、ファクタリング会社によって違います。

2社間ファクタリング

買い取る売掛金額の5%~20%

3社間ファクタリング

買い取る売掛金額の1%~5%

個人事業主のファクタリングの利用はその殆どが「2社間ファクタリング」が選ばれています。

なぜなら、3社間ファクタリングは売掛先の合意が必要となる分、ファクタリングにかかる手数料は低く魅力的ですが、売掛先にもファクタリングのことが通知されるので風説のリスクが伴う場合があります。

また3社間での取り決めになるのでファクタリング手続きに時間がかかりますので、ファクタリングのメリットである即日での資金調達は難しい場合もあります。

そのため、個人事業主の方が利用する2社間ファクタリングによる売掛債権の買取が多いのです。

個人がファクタリングに申し込みはできない

注意する点は個人事業主ではない個人としてはファクタリングに申し込みはできないことです。

ファクタリングとは商売において発生した売掛金を債権として買取るものですから。個人が持っている債権は対象になりません

個人事業主のファクタリングで審査緩い会社はある?

個人事業主のファクタリングで審査が緩い会社と言うのは基本的にはありません。

しかし、銀行からの融資などに比べて必要書類が少なく、審査もファクタリング会社それぞれの独自審査なので、審査が緩いという印象を持つかもしれません。

ファクタリングで提出する書類は少ないのか?

他の多くの資金調達方法に比べるとファクタリングは請求書の買い取りになりますので、必要書類は少なくなります。

例えば、大手のオンラインファクタリングの会社の例ですと、最低限これだけが必要になります。

主な必要書類

1.本人確認書類(免許証、パスポート、マイナンバーカードのうち1つ)
2.請求書
3.事業用口座の入出金明細(7カ月前の1日~直近まで)法人の場合決算書記載の全口座
4.昨年度の決算書(法人の場合)、昨年度の確定申告書(個人事業主の場合

逆に上記よりも遥かに少ない書類で個人事業主のファクタリングを行う会社は悪徳業者の可能性も疑っておいたほうがいいです。

個人事業主がファクタリング会社を選ぶポイント

個人事業主が申し込みできるファクタリング会社がここ数年で急増しています。

働き方改革の流れで最近ではパソコンひとつで仕事する個人事業主が増えており、ファクタリング会社もその流れに合わせて全国からインターネットで申し込みから審査、契約まで完結できるよう対応しています。

ファクタリングの個人事業主にはオンラインが増えている

ファクタリングでも特に個人事業主向けに増えているのがオンラインで完結可能なファクタリング会社です。

審査から契約完了まですべてオンラインで行うので、面倒な面談も必要ありません。
独自審査にAIを活用したファクタリング会社も登場しています。

オンラインの個人事業主向けのファクタリングは最短で即日で資金調達が可能です。

手数料も2社間ファクタリングの中でも比較的低いことが多いので、急ぎの方、周りや取引先に知られたくない場合にとても便利です。

個人事業主向けおすすめのファクタリング会社

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2022 All Rights Reserved.