ファクタリング

ファクタリングする個人事業主が即日でOKになるために気をつけるポイント4選

投稿日:2018年10月11日 更新日:

☆☆☆☆☆
評価:4.88-1,292

個人事業主として日々事業をされている法人はどんどん増えています。

パソコンひとつで働く新しい働き方や技術を活かして事業を広げている方も。

景気は緩やかに回復とニュースでは聞きますが、実際にはそこまで安定と呼ぶには実感がないのではないでしょうか?

個人事業主となると急なお仕事の変化などによって起こる資金繰りの変化には常に気をつけたいですよね。

そこで今回は、新しい資金調達方法としてここ数年注目されているファクタリングについてお話します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、ファクタリング会社に今お持ちの売掛債権を買い取ってもらうことです。

ここ4~5年ほどで、「借りない資金調達」として経営者・個人事業主へ広く認知されてきています。

売掛金は業種にもよりますが、入金まで数ヶ月~半年の期間があるのが一般的の小売のようにすぐ現金が手に入ることは少ないです。

売掛金は商売を行うときにはどんな業種でも発生するもの。大企業だけではなく個人事業主で仕事を受けている方も、売掛金を持っています。

今までファクタリングと言えば、中小企業から大きな企業までが利用するものと思われていました。つまり個人事業主が利用するものではないというのが通例だったのです。

しかも、個人事業主をはじめから受けてつけていないファクタリング会社はあります。これは個人事業主によくあることであなた自身の問題ではありません。

では、個人事業主がファクタリングを即日で申し込むことはできないのでしょうか?

ファクタリングは個人事業主でも即日でOKなのか?

結論から申し上げると、個人事業主の方もファクタリングに申し込んで売掛金を即日で現金化して資金調達することは可能です。

先程述べたように、当初のファクタリング会社は主に中小企業を相手に売掛債権の買取を行ってきていました。

それが近年の商慣習の変化から、個人事業主でも審査に通ることができる売掛債権をお持ちの方も増えてきたので対応ができるようになったのです。

ファクタリング会社もここ数年で参入が増え、医療業界向けなどの業界特化したり、個人事業主に特化、契約完了まで対面することがないクラウドファクタリングとお客様ニーズに合わせて細分化が進んでいるのです。

個人事業主がファクタリングする際に気をつける4つのポイント

個人事業主へのファクタリングが広がっているとはいえ、しかし気をつけなければいけない点が企業と違いいくつかあります。

個人事業主がファクタリングの申込みを行う際の審査で必ず個人事業主特有な点ですので、当てはまっていないかチェックしておきましょう。

社会保険等の滞納はないか

個人事業主はまさに個人の審査の面もあります。そのため、法律的に決められた社会保険料等の公的に納付しなければいけない費用等を収めていない場合、ファクタリングの審査を受ける際に問題となる場合があります。

税理士による決算書類等は揃っているか

個人事業主でも確定申告が必要です。そのため、事業としての決算書類等が整備されているかもとても重要です。できれば税理士による定期的なチェックと書類の整備はしておく必要があります。

売掛債権の額と期間

ファクタリング会社としては売掛金を買取る形になりますから、一定の金額がある売掛金があるものを選びたいです。

個人事業主では少額の売掛金の場合も多く、この点を敬遠されることが多いのです。

また入金サイクルが長い場合にも避けられることがありますので、取引先との契約は見直しすることが賢明です。

一方で、少額の売掛債権の買取に特化したファクタリング会社もありますので、売掛金の額と資金繰りに必要な金額を考えてファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリングの手数料相場

ファクタリングを申し込むとき、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで違うのと、ファクタリング会社によって違います。

2社間ファクタリング

買い取る売掛金額の5%~20%

3社間ファクタリング

買い取る売掛金額の1%~5%

個人事業主のファクタリングの利用はその殆どが「2社間ファクタリング」が選ばれています。

なぜなら、3社間ファクタリングは売掛先の合意が必要となる分、ファクタリングにかかる手数料は低く魅力的ですが、売掛先にもファクタリングのことが通知されるので風説のリスクが伴う場合があります。

また3社間での取り決めになるのでファクタリング手続きに時間がかかりますので、ファクタリングのメリットである即日での資金調達は難しい場合もあります。

そのため、個人事業主の方が利用する2社間ファクタリングによる売掛債権の買取が多いのです。

個人がファクタリングに申し込みはできない

注意する点は個人事業主ではない個人としてはファクタリングに申し込みはできないことです。

ファクタリングとは商売において発生した売掛金を債権として買取るものですから。個人が持っている債権は対象になりません

個人事業主が申し込みOKなファクタリング会社とは

個人事業主が申し込みできるファクタリング会社が昨年から急増しています。

働き方改革の流れで最近ではパソコンひとつで仕事する個人事業主が増えており、ファクタリング会社もその流れに合わせて全国からインターネットで申し込みから審査、契約まで完結できるよう対応しています。

個人事業主OKのファクタリング会社

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


ファクタリングで売掛金を即日資金化!【えんナビ】

【えんナビ】は株式会社インターテックが提供するファクタリングサービスです。

法人だけではなく個人事業主でもご利用が可能で償還請求権無しの完全買取を行っており、売掛先倒産リスクを含めて買取しています。

(買取り対応額は50万~5千万となります。)

【24時間365日最短1日の資金調達が可能】
他社にはないポイントとして24時間365日対応しているのでいつでも相談が可能です。売掛金を最短で即日資金化を行ってる実績が強みです。
えんナビ

ポイント

・24時間365日最短1日の資金調達が可能
・償還請求権無しの完全買取
・赤字決算OK
・税金滞納も問題なし


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


10秒で簡単無料査定【日本中小企業金融サポート機構】

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のファクタリング会社です。郵送ファクタリングという他社にはない非対面で審査から契約まで完了できるサービスを提供しています。従来は平気3.5時間と交通費がかかっていたの、なんと最短30分と郵送料510円だけで済むのです。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。

事業資金を今すぐ借りたい方におすすめ

事業資金融資なら【MRF】

株式会社エムアールエフ(MRF)は、ビジネスローンや不動産担保ローンを中心としたご融資サービスを積極的に拡大しています。事業を営むお客さまの金融機関として誠実にそして情熱をもって取り組んでいる会社です。仮審査は来店不要24時間以内の返答とスピード感ある対応が好評です。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリング会社を完全比較|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.