ファクタリング

ファクタリング会社を活用した資金繰りについて徹底紹介

投稿日:2018年10月5日 更新日:

☆☆☆☆☆
評価:4.88-4,992

資金調達の悩みは中小企業の一番の悩み

ビジネスをする上で企業経営に欠かせないのが資金繰り。

中小企業の社長さんは日々、資金繰り表を見ながら新規の投資や、銀行への借り入れの検討など一番気になるところです。

事業を続けていくため資金ショートは絶対避けなければいけません。そのために余裕のある運転資金と、いざという時の資金調達の方法を準備しておく必要があります。

経営者の方によっては借り入れする必要がない財務状況でも、万が一に備えて借りておくこともあるほどです。

ファクタリングはつなぎ資金として活用が増えている

ファクタリングとは、会社が持っている売掛債権をファクタリング会社に売却することで現金化することです。

債権化の現金化なので手数料がかかりますが、急に事業資金が必要になったり、つなぎ資金の確保として利用する法人が増えてきています。

ファクタリングはまさにこれから伸びる企業にとってのセーフティネットなのです。

「急に資金が必要になった」「今後の運転資金どうしよう」と悩んだことはありませんか?経営者にとって会社のお金の資金繰りを考えるのは悩ましいですよね。

いざ資金が急に必要になったとき、今から銀行や公的融資を探すと時間がかかり過ぎてしまって間に合わない。。そこで今利用が増えているのがファクタリングです。

ファクタリングとは

ファクタリングとは、自社が保有する債権(売掛金など)をファクタリング会社に売却することにより、債権満期日より早期に資金調達を行う取引です。

ファクタリング会社に手数料を支払う必要がありますが、政府機関などの公的な融資や銀行からの借り入れよりも早期に調達が期待できる上に、債権の買取に過ぎないため保証人や担保供出の必要がないので手続きが簡単な点がうけて利用する法人が増えています。

契約の際に、自社の経営状態が問われにくい取引なので、いざという時のつなぎ資金の確保のときも頼りになる調達手段です。

ファクタリング会社はこんな企業におすすめ

昨今、リスク回避の観点から中小企業への融資に対して慎重な姿勢を取る機関が多く、中小企業経営者にとっては悩みの種となっています。特に運転資金の確保に頭を悩ませている社長さんには朗報ではないでしょうか?

ファクタリングはこんな会社におすすめ
・社歴が浅く資金調達に悩んでいる
・経営状態が悪く審査を受けても通らない
・審査に時間がかかり目標期日までに調達できない
・保証人や担保を出さずに調達したい

特に金融機関は中小企業に対して厳しく、社歴の浅い企業や経営状態が悪化した会社が審査をパスするのはなかなか困難です。

また、政府の融資事業や補助金事情は申し込みの審査から入金までに長い期間を要するため、これらのサービスも急な資金需要に対応したものとは言えません。

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。 月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。 最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。 ビートレーディング
・日本全国対応 ・個人事業主様、法人経営者様を問わず小口から大口まで対応可能 ・売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 ・契約件数全国トップクラス ・信用情報関係なし売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。

ファクタリングはまさに、これら既存の金融機関が持つ欠点を埋めたかのような、新しい資金調達の1つです。今回は、それらの特長を概説していこうと思います。

ファクタリングの仕組みと取引の流れ

ファクタリングの仕組みと取引の流れは、以下になります。

1.ファクタリング会社へ問合せ

WEBの申込フォームやメールを通じて連絡を行います。この時点で大まかな債権額や希望する入金日などを伝えておくとスムーズです。

ファクタリング会社への問い合わせはWEBサイトか電話がもっとも多いです。

2.仮審査

仮審査の多くは、電話やメールなどの遠隔環境で行います。

自社や取引先の情報や債権の金額・資金を必要とする目的などを調査し、審査を行います。もちろん、自社側もこの段階で気になる点を質問したり、見積もり書を求めても良いでしょう。特に手数料に関してはサイトで見た料率とかわっていないか確認しましょう。

3.本審査

本審査では、対談や面談を求めるファクタリング会社も少なくありません。

債権が存在することを証明書類や、自社の経営状態などを明らかにした書類を提出することになりますが,
ご自身や担当者の身なりや挙措も審査対象の1つです。

服装や時間厳守など、基本的なマナーも忘れずに注意しましょう。

4.本契約

いよいよ契約段階です。契約書の内容は必ず確認し、「見積もり書や自身の認識と相違点が無いか」を忘れずに。契約書にサインしてからでは遅いので、必ずチェックすべき項目です。

5.ファクタリング会社からの入金

期日が到来したら、契約内容に従い資金が入金されます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングには実は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の仕組みが存在します。

2社間ファクタリングが自社とファクタリング会社の間で完結する取引であるのに対して、3社間ファクタリングはこれに債務者(取引先企業)を加えて行う仕組みです。

両者は取引形態が異なるだけでなく、手数料などの費用負担や売掛先との関係性に大きな影響を与えます。

債権を売却するという点においては2社間も3社間も同じです。

しかし、2社間の場合は債権譲渡通知を取引先企業に行わないため、「取引先に知られずに資金調達が可能」というメリットを有しています。

逆に3社間の場合は、債権譲渡通知により債権の信頼性を確保することができるため、2社と比べて割安な手数料で資金を手にすることが可能です。ファクタリングを利用する際は、これらの性質を把握した上で「自社にとってどちらが好ましい仕組みであるか」を検討する必要があるでしょう。

2社間と3社間の仕組みの違い

・2社間ファクタリング:自社とファクタリング会社で取引が完結。取引先からの信頼性を保ったまま資金調達できるが、手数料は割高になってしまう。

・3社間ファクタリング:取引先企業も交えた形式。2社間と比べて手数料が割安だが、債権譲渡通知を行うため取引先にファクタリングを行ったことを知られてしまう。

資金化まで最短翌日【三共サービス】

三共サービスのファクタリングサービスは「来店不要」「最短即日」「全国対応」「保証人不要」「個人事業主OK」と経営者の方々に使っていただけるファクタリングサービスを目指しています。

個人事業主様、法人経営者様問いません。「決算が赤字続き」「税金の未納がある」「金融機関の融資やビジネスローンの審査を否決された」「新規事業をはじめたばかりで融資がまだ受けられない」「売掛先や社員に知られずにつなぎ資金を確保したい」というニーズにお応えします。

特に売掛先や従業員に知られず、風評被害を回避できる2社間ファクタリングは特に多くご利用いただいております。

ファクタリングのメリット

ファクタリングで得られるメリットは、大きく分けて以下の通り。

いずれも既存の資金調達と比べ、魅力的な特長ばかりです。

ファクタリングで得られるメリット
・赤字経営や社歴の浅い企業でも調達可能
・資金を手にするまでの期間が短い
・保証人や担保不動産が必要ない
・回収できない時の責任を負わない
・信用情報に影響を与えない

赤字経営や社歴の浅い企業でも調達可能

ファクタリング会社は、債務者である取引先企業から資金の回収を行います。そのため、ファクタリング会社が重要視するのは自社ではなく取引先企業の経営状態です。つまり、自社の経営状態や社歴がさほど重視されず、赤字状態であっても問題なし。

税金未払などの極端な状態にない限り、取引成立の公算は高いです。

資金を手にするまでの期間が短い

ファクタリングは、資金を手にするまでの期間が非常に短くスムーズです。銀行や政府機関などは多くの場合、企業への融資に対して相応の時間を要求します。ところが、ファクタリング会社の中は、最短即日~数日程度で取引完結する業者も少なくありません。

最速で資金を手にしたい方にとっても、魅力的なサービスです。

保証人や担保不動産が必要ない

ファクタリングは債権の売買に過ぎず、融資ではありません。自社に入金があった時点で取引が完結するので、保証人や担保は一切不要。自身が会社の連帯保証人になったり、自社不動産を担保として出す必要はありません。

回収できない時の責任を負わない

ファクタリングでは、自社が回収リスクを負う必要はありません。

債権は不渡りを起こすことがありますが、既に債権はファクタリング会社の手に渡っており、焦げ付いた場合もファクタリング会社の自己責任です。(※償還請求権特約が付帯されていない場合に限る)

信用情報に影響を与えない

ファクタリングは会計上、負債とはなりません。売却行為に過ぎず、会計書においても赤字と記載する必要もナシ。会社としての信用情報を毀損せず、安定的に経営を続けることが可能です。

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。 月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。 最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。 ビートレーディング
・日本全国対応 ・個人事業主様、法人経営者様を問わず小口から大口まで対応可能 ・売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 ・契約件数全国トップクラス ・信用情報関係なし売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングのデメリットの主なものは以下の通りです。

ファクタリングにおけるデメリット
・手数料が割高
・債権譲渡登記が必要な場合も
・悪徳業者の存在

手数料が割高

手数料の高さは、ファクタリングの最も大きなデメリットです。 特に2社間ファクタリングにおいては手数料負担が大きく、どうしても費用が気になってしまいます。 ただし、3社間では割安な手数料で資金調達できますし、相見積もりによる比較検討を行うことで、手数料負担を小さくすることが可能です。

債権譲渡登記が必要な場合も

ファクタリング会社によっては、契約の際に債権譲渡登記が行います。

難しそうに聞こえますが、要は「債権がファクタリング会社に渡りましたよ」と第三者に主張する行為。感覚的には、不動産登記と似ているかもしれません。 債権譲渡登記を求められた場合、登記に必要な書類の準備費用や、司法書士への依頼料などを徴収されてしまいます。(支払額は債権の額面により変動)

参考:法務省「債権譲渡登記制度」 http://www.moj.go.jp/MINJI/saikenjouto-01.html

悪徳業者の存在

ファクタリング業者の中には、残念ながら悪徳業者が存在します。

彼らの多くは貸金業法の規制強化により業務転換を行った「ヤミ金業者」です。ファクタリングと見せかけ違法な融資を持ち掛けたりするので、住所や連絡先等に不審な点がある業者は避けましょう。

特に、急な事業資金確保で気持ちがはやるときこそ注意しましょう。

ファクタリング会社を比較する際のポイント

ファクタリング会社を比較する際は、主に以下の点に注意して選ぶことが多いです。

ファクタリング会社の比較ポイント
・取引の流れが明示されているか?
・入金スピードはどの程度か?
・相見積に対応しているか?

取引の流れが明示されているか?

取引の流れは決して均一ではなく、ファクタリング会社によって微妙に異なります。

基本的な流れやフローを紹介している企業ほど親切であり、信頼性も高いです。 また、コールセンターやチャットでの問合せフォームを設けている会社であれば、取引に不慣れな方でも気兼ねなく質問が行えます。

特に

・取引フローが明示されているか?
・コールセンターやチャット窓口が設置されているか?
・説明や対応は丁寧か?

などサービス面も比較して、慎重に検討を進めましょう。

入金スピードはどの程度か

資金調達において入金スピードは命です。

どれほどコストが安くとも、審査や入金に長い時間をかける会社は魅力的とは言えません。

「目標となる入金期日に間に合う取引が行えるのか?」は、ファクタリング会社と取引する際に、必ず比較すべき項目です。

相見積に対応しているか?

相見積もりは、ファクタリングを使う際に欠かせない取引です。 ファクタリング会社の多くは中小企業であり、同じ債権を取引しても、提示される手数料の幅はまちまちです。

そのため、相見積もりを取って比較することで、より有利な条件が引き出せることも。ただし、相見積もりに対応していない会社も多いので、事前に確認すると良いでしょう。

ファクタリングの手数料は各社で違う

ファクタリングの手数料比較は、欠かすことができません。

そもそも、ファクタリングの手数料は会社ごとの差が大きく、相場に対する理解が不可欠です。基本的にウェブサイトを見比べたり相見積もりを取ることで、取引債権に対する相場観が見えてくるので、積極的な比較情報の収集を行いましょう。

ファクタリング手数料比較の重要ポイント

・ウェブサイトなどで手数料を比較する
・相見積もりで複数社を比較する

手数料の相場の理解も大切

既に触れた通り、ファクタリングの相場は「2社間または3社間ファクタリング」で大きく決まってくるので、取引形態ごとの手数料相場も把握しておくと良いでしょう。

ファクタリングの手数料相場
・2社間ファクタリング:5%~20%
・3社間ファクタリング:数%~10%

ファクタリング業界は今競争激化の流れにあり、手数料相場の下落が続いています。今後もこの傾向はしばらく続くものと見られており、これから取引を行う方にとって有利です。

特約で割安手数料の提供も

債権はたとえ同じ額面でも、自社や取引先の情報により様々な相違点が生じます。そのため、ファクタリング業者の中には掛目を設定して債権の一部のみを引き受けたり、償還請求権(リコース)を付与してリスク回避を図る会社もあります。

これらはいずれも手数料の減額に繋がる特約なので、場合によっては交渉しても良いでしょう。

おすすめのファクタリング会社

資金調達や資金繰りでお困りの経営者・個人事業主の悩みに応えられるおすすめのファクタリングサービスをご紹介します。

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。 月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。 最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。 ビートレーディング
・日本全国対応 ・個人事業主様、法人経営者様を問わず小口から大口まで対応可能 ・売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 ・契約件数全国トップクラス ・信用情報関係なし売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。

10秒で簡単無料査定【日本中小企業金融サポート機構】

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のファクタリング会社です。郵送ファクタリングという他社にはない非対面で審査から契約まで完了できるサービスを提供しています。従来は平気3.5時間と交通費がかかっていたの、なんと最短30分と郵送料510円だけで済むのです。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

資金化まで最短翌日【三共サービス】

三共サービスのファクタリングサービスは「来店不要」「最短即日」「全国対応」「保証人不要」「個人事業主OK」と経営者の方々に使っていただけるファクタリングサービスを目指しています。

個人事業主様、法人経営者様問いません。「決算が赤字続き」「税金の未納がある」「金融機関の融資やビジネスローンの審査を否決された」「新規事業をはじめたばかりで融資がまだ受けられない」「売掛先や社員に知られずにつなぎ資金を確保したい」というニーズにお応えします。

特に売掛先や従業員に知られず、風評被害を回避できる2社間ファクタリングは特に多くご利用いただいております。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリング比較で失敗しないファクタリング会社選び|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.