ファクタリング会社

MF KESSAI アーリーペイメントは最短2営業日で早期の資金調達可能なファクタリング|口コミと評判を徹底解説!

投稿日:2019年8月20日 更新日:

MF KESSAI アーリーペイメント

☆☆☆☆☆
評価:4.75-2,562

MF KESSAI アーリーペイメントというファクタリングを提供しているMF KESSAIは、東京都千代田区大手町にある創業2年目の会社です。創業からまだ2年ほどですが、企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」を提供し多くの企業が利用し実績が豊富です。

しかも、親会社はマザーズに上場している株式会社マネーフォワードで100%子会社。マネーフォワードもお金に関するサービスを提供していますから安心感がありますよね。

そのMF KESSAIが提供するファクタリングサービスが、MF KESSAI アーリーペイメントです。

最短で2営業日で資金調達可能で、書類等がそろっていれば非対面で契約から入金までが完了します。(審査の都合によっては面談等必要)

しかも、業界内でも最安水準の低い手数料で目安は1.0%~10.0%。小規模の法人様から大規模な売掛金までファクタリングを行うファクタリング会社なのです。

ここではMF KESSAI アーリーペイメントのファクタリング会社としての特徴やメリット・デメリットなどの情報を徹底解説していきます。

特に上場会社マネーフォワードが親会社である信頼感は注目ですよね。

MF KESSAI アーリーペイメントのファクタリングについて

MF KESSAI アーリーペイメントは2社間ファクタリングによる契約です。

急な資金調達が必要な際に重要度が高いのが入金までのスピード。ファクタリングを申し込みされる経営者の皆様は、やはり急いでる方が多くスピードを重視されます。

一般的に3社間ファクタリングは手数料が低く、医療業界などではよく利用されていますが3社と調整すべき相手が多いので時間がかかってしまいます。

そのため、MF KESSAI アーリーペイメントでは2社間ファクタリングなので最短2盛業日を可能にしています。

もっと詳しく

MF KESSAI アーリーペイメントの特徴

最短2営業日のスピード

MF KESSAI アーリーペイメントは必要書類が揃って審査ができれば、最短で2営業日での入金が完了します。

しかも、原則、非対面でオンライン上で手続きが完結することが可能です。

日々いそがしい経営者の皆さんにとっては、スピード重視で非対面で契約までできるのはいいですよね。

MF KESSAI アーリーペイメントは全国対応

MF KESSAI アーリーペイメントが申し込める企業の所在地に制限はなく、全国対応しています。

実はファクタリング会社で全国対応している会社は多くなく、当サイト調べでも全国対応しているファクタリング会社は3割くらいです。

全国対応のファクタリング会社なので東京に拠点があるのも納得ですね。

MF KESSAI アーリーペイメントのメリット・デメリット

MF KESSAI アーリーペイメントのファクタリングサービスは、売掛金をお持ちの法人であればオンラインで見積もり依頼ができます。

しかし、希望する資金調達の額や条件、審査によっては残念ながらMF KESSAI アーリーペイメントでは対応できない場合もあります。

ここではMF KESSAI アーリーペイメントでファクタリングを申し込む際のメリット・デメリットをご紹介します。

MF KESSAI アーリーペイメントのメリット

売掛債権が最短2営業日で資金調達が可能

MF KESSAI アーリーペイメントはオンラインの申し込みから原則非対面での審査を行います。

すぐに審査を行いますので申し込みを行ってから最短で2営業日で売掛債権を資金化することができます。

そのため、急遽資金が必要となった方でも安心です。

他社では最短を謳いながら実際には数日かかってしまうファクタリング会社も少なくありません。

その点、MF KESSAIはもともと、請求書の発行から請求代金の回収、売掛金の早期振込まで行うことができる企業間後払い決済サービス『MF KESSAI』を提供している実績からスムーズに進めることができます。

業界最低水準の手数料

MF KESSAI アーリーペイメントのファクタリング契約にかかる手数料は非常に低く、1%~10%。

これはファクタリング会社の中でも業界最低水準の手数料で、2社間ファクタリングを提供する中でもかなり低いです。

いくら今すぐ売掛金を買取って欲しいとはいえ、手数料が高いと思った通りの資金調達が見込めなくなります。

利用限度額が広い

MF KESSAI アーリーペイメントのファクタリングは最低数万円から最高で数億円/件まで利用が可能です。

ただ、買取1回あたりの合計金額が100万円以上での申請になります。

とはいえ、ここまでの幅広い金額に対応しているファクタリング会社はそうないので大きな売掛金でも相談できますし、小口ファクタリングにも対応しているといえます。

MF KESSAI アーリーペイメントのデメリット

個人事業主には対応していない

MF KESSAI アーリーペイメントは個人事業主の売掛債権の買い取りには対応していません。

ファクタリング会社の中には個人事業主に対応している会社もありますので、そちらをおすすめします。

個人事業主のファクタリングについてはコチラをご覧ください。

MF KESSAI アーリーペイメントはすぐに資金調達したい法人におすすめ

MF KESSAI アーリーペイメントは、最短2営業日で原則非対面、最大数億円の対応と小規模から大規模の中小企業におすすめできるファクタリング会社です。

2社間ファクタリングのみになりますが、柔軟な審査と最短2営業日でのスピード資金調達、親会社がマネーフォワードで上場会社で安定しているなど基礎スペックがしっかりとしている点は大変評価できます。

全国の企業の相談を受け付けていて、すでに申込金額累計約300億円を突破しています。

これからファクタリングを計画している経営者様は、MF KESSAI アーリーペイメントを利用の候補に入れてみてはいかがでしょうか?

気になる方は、まずは気軽に見積もり相談だけでもしてみましょう!

MF KESSAI アーリーペイメントはこんな方におすすめ

・新規事業で資金が不足している
・業績悪化や税金滞納などで融資が受けられない
・忙しくてファクタリング会社にいけない
・赤字決算で資金調達が難しい
・手形決済が多く、資金繰りがよくない。
・信用情報に問題があり、金融機関からの融資が難しい
・急激な売上増減により、資金ショートに陥っている

もっと詳しく

MF KESSAIの企業情報

項目 詳細
会社名 MF KESSAI株式会社(MF KESSAI, Inc.)
設立 2017年3月
代表取締役 冨山 直道
事業所 東京
オフィス 東京都千代田区大手町1−6−1 大手町ビル2階
株主 株式会社マネーフォワード100%
メール 24時間受付
取扱サービス 企業間後払い決済サービス「MF KESSAI」、売掛金早期資金化サービス『MF KESSAI アーリーペイメント』の開発・提供
URL MF KESSAI アーリーペイメント公式サイト

-ファクタリング会社

Copyright© ファクタリングとは?仕組みを図解でわかりやすく解説!即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.