ファクタリング会社

経常運転資金の計算方法|資金繰り悪化時の資金調達方法を徹底解説

更新日:

経常運転資金

☆☆☆☆☆
評価:4.81-3,681

経常運転資金は、円滑に会社を経営していく上で必要な運転資金です。「何をいまさら」と思う方も多いでしょう。しかし、実際にその内容や計算方法を、しっかりと把握していない方は決して少なくありません。

いざというときに、資金ショートなどを引き起こしてしまっては大変です。

そこで今回は経常運転資金の内容や計算方法、資金の調達方法などの情報を徹底解説していくので確認していきましょう。

注意ポイント

安心できる運転資金の目安は粗利の3~6ヶ月分

経営状況や業種にもよりますが、期日現金を補う運転資金として手元に最低限残すべき運転資金は粗利の3ヶ月~6ヶ月が目安となります。

余裕をもった資金繰りの確保は必須です。

もし少しでも資金繰りに不安がありましたら、「今いくら資金調達が可能か?」の無料診断をおすすめします。

今すぐ無料診断してみる


経常運転資金とは?

経常運転資金とは、企業が正常な営業活動を行っていくうえで、恒常的に必要と認められる運転資金のことを指します。

また、場合によっては正常運転資金と呼ばれることもあります。

飲食業や小売業のような現金商売は例外ですが、通常法人相手が取引先である場合、掛取引となるケースがほとんどとなります。

掛取引とは締め日を決め、一定期間後の期日にまとめて入金を行うという取引手段です。

売上げてから入金されるまでにタイムラグが生まれてしまう掛取引を行った場合、どうしてもその間に必要となる仕入金などを別途で準備しなくてはならなくなるのですが、この時に準備するのが「経常運転資金」となります。

経常運転資金が不足してしまうとどうなる?

経常運転資金が不足してしまった場合、まず仕入代金などの支払いが滞ってしまう可能性があります。

すると資金繰りがどんどん圧迫されてしまい、最終的には資金ショート、場合によっては黒字倒産となってしまう可能性もでてきてしまいます。

そのため、必要な経常運転資金はどのぐらいなのか常に計算し把握して、適正な資金を常時確保しておかなくてはいけません。

経理業務や資金繰りでお困りではありませんか?

煩雑な経理業務や確定申告に関して、現在の税理士さんにご不満はありませんか?

節税相談や資金繰りの相談もできる、ご要望に合った最適な税理士をご紹介するサービスがあります。

登録税理士は全国5,800名以上、累計実績138,000件以上。

ご紹介は完全無料でご相談いただけます。

お問合せはコチラ>



経常運転資金の計算方法

経常運転資金は、以下の計算方法で算出できます。

ポイント

経常運転資金=売上債権(受取手形+売掛金)+棚卸資産-買入債務(支払手形+買掛金)
受取手形=平均月商×受取手形回収率×受取手形期間①
売掛金 =平均月商×売掛期間②
棚卸資産=平均月商×売上原価率×在庫期間③
小計(A)=①+②+③
支払手形=平均月商×売上原価率×支払手形発行率×支払手形期間④
買掛金 =平均月商×売上原価率×買掛期間⑤
小計(B)=④+⑤

経常運転資金=(A)+(B)

実際に経常運転資金を算出してみる

経常運転資金の計算方法を確認しましたら、実際にしてみましょう算出。

例えば、以下のような業績のA社があったと仮定します。

【A社業績】
○年商:5億円(1日の売上高が約137万円)
○売上債権(売掛金、受取手形等):3千万円
○棚卸資産(商品、製品、原材料等):2千万円
○買入債務(買掛金、支払手形等):3千万円

これを、経常運転資金の計算式に当てはめてみると、以下のように算出することが可能となります。

A社の経常運転資金


2千万円(経常運転資金)=3,000万円(売上債権)+2,000万円(棚卸資産)-3千万円債務(買入債務)

計算式にあてはめた結果、A社が備えておくべき経常運転資金は、「2,000万円」であることが算出できました。

このように、計算式と自社の業績を把握できていれば、誰でも簡単に経常運転資金を算出することが可能となっています。

経常運転資金の性質を理解しよう

経常運転資金は、計算式を用いることで簡単に算出することができます。

しかし、数字上だけのことを知っておくだけじゃ不十分ですので、できれば経常運転資金の性質も理解しておきましょう。

基本的に経常運転資金は、数字が大きいほど資金繰りが苦しくなってしまいます。多額になるほど、資金を準備するのが大変なためです。

また、支払いの条件や受け取り時の条件が悪化してしまうと、経常資金にも影響をきたしてしまいます。

例えば、仕入代金などの支払いのサイクルが短く、売掛期間が長くなってしまえば、より多くの経常資金が必要となるのです。

反対に、支払い条件が良化していけば供えておくべき経常運転資金も少なくなり、結果資金繰りも良くなります。

経常運転資金の確保に困った場合の対処法

仮に経常運転資金を算出できたとしても、その資金を調達できるかは別問題です。

また、中小企業などは特に資金繰りに苦しんでいることが多いため、銀行などの金融機関も簡単にはお金を融資してはくれません。

しかし、たとえ赤字決算などの会社でも、経常運転資金を調達する手段はあるのでご紹介します。

経理業務や資金繰りでお困りではありませんか?

煩雑な経理業務や確定申告に関して、現在の税理士さんにご不満はありませんか?

節税相談や資金繰りの相談もできる、ご要望に合った最適な税理士をご紹介するサービスがあります。

登録税理士は全国5,800名以上、累計実績138,000件以上。

ご紹介は完全無料でご相談いただけます。

お問合せはコチラ>


ファクタリングで経常運転資金を調達する

ファクタリングは、売掛金をファクタリング会社へ売却する資金調達方法です。
また、ファクタリングならば、審査は売掛先の与信に対して行われるため、たとえ自社が赤字決算であったとしても、売掛債権さえあれば資金を調達することができます。

ファクタリングのメリット

ファクタリングには、企業にとって以下のような沢山のメリットがあります。

キャッシュフローの改善が可能

ファクタリングで資金を調達した場合、キャッシュフローの改善が望めます。

売掛債権が発生した場合、通常は「売掛金」と「売上」という仕分けとなります。

しかし、その売掛債権をファクタリング会社に譲渡した場合には、「未収入金」と「売掛金」というように仕分けることが可能となるのです。

そして、譲渡した後に現金が入ってきた場合には、「現金・債権譲渡損」と「未収金」と仕分けられます。

その結果、会計上では現金が増えるため、キャッシュフローを改善することができるのです。

最短ならば即日での資金調達が可能

事業を行っていると、急に経常運転資金が不足してしまうこともあります。そんなときにも、ファクタリングならば対応が可能です。

ファクタリングは、最短ならば申し込みを行ったその日に売掛債権を資金化することができます。

また、遅くとも数日程度で現金が手に入るため、銀行などと比較するとかなり機動的に資金を調達することが可能となっているのです。

赤字でも資金の調達ができる

自社が赤字経営である場合、当然ですが銀行などは融資をしてくれません。

しかし、前述の通りファクタリングならば、たとえ赤字経営だったとしても資金を調達することができます。

その他の金融機関で融資などを断られた方は、ファクタリングの利用を検討してみることをおすすめします。

債還請求権なし

売掛債権の最大のリスクは、未回収となってしまう可能性があることです。

しかし、ファクタリングは債還請求権がないため(債還請求権ありの契約の場合は除く)、仮にファクタリングを行ったあとに売掛先が倒産してしまったとしても、利用者がその責任を追及されることはありません。

ファクタリングを利用すれば、資金を調達すると同時に売掛金の未回収リスクも回避することができるのです。

倒産というリスクを回避するためにも経常運転資金はしっかりと準備しておく

経常運転資金は、不足してしまうと事業に大打撃を与えてしまう可能性があります。

資金繰りの悪化は勿論のこと、最悪のケースでは現金が不足してしまったことが原因となり、会社が倒産してしまうことも珍しくありません。

そのような状況に陥らないためにも、経常運転資金はしっかりと準備しておく必要があります。

また、経常運転資金の調達が難しい場合は、審査基準が柔軟なファクタリングでの資金調達を考えてみてはいかがでしょうか?

資金調達の相談が可能なファクタリング会社

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国に対応するオンライン完結のファクタリングサービスです。

難しい手続きなくはやい・かんたん・リーズナブルが特徴です。

オルタは非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要なし。
すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日資金調達が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※個人向け給与ファクタリングではありません
 遅延債権はお申込みいただけません

OLTA

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

必要書類

1.代表者様を確認できる本人確認書類

2.昨年度の決算書一式
貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細
※個人事業主の方は、確定申告書B 第一表

3.入出金明細(保有する全銀行口座の明細直近4カ月)

4.売却予定の請求書
 請求金額・入金日が確定しているものに限ります。
 既に入金日が過ぎているものは申込できません。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら


業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング会社

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2021 All Rights Reserved.