ファクタリング

建設業 ファクタリングは事業資金の資金繰りの悩みをすぐに解決!|建築・建設業におすすめのファクタリング会社

投稿日:

建設業ファクタリング

☆☆☆☆☆
評価:4.55-6,220

建設業はオリンピックなどの全国的な建設ラッシュによって常に忙しい建設業界。現場は全国にわたり、時には海外の建設に従事することもあります。

ところが建設業界は慢性的な人不足で、従業員に払うお給料は絶対に遅れることはできません。

しかし、元請業者からの入金サイクルが長いときや入金が不安定なことはよくあります。

受けた仕事が2次受け、3次受けだったら場合、売掛金の回収リスクもあがり、資金繰りに常に不安を抱えてしまうことにもなりかねません。

そこで今回は建設業での資金繰りの課題点と借りない資金調達として今話題のファクタリングについて徹底解説します。

建設業の景気動向

2019年は全国的に建設需要が高く、仕事も安定的に発生していた建設業ですが、2020年以降は懸念がいくつかあります。

まず一番大きいのが人材不足です。

三菱UFJリサーチ&コンサルティングが2019年7月9日に発表した「建設業の現状と公共工事の動向」では今後、建設業の人手不足が供給制約となる可能性を指摘しています。

建設業において経営上の問題となっているのが人手不足である。建設業者を対象とする調査では、建設業の経営上の問題として回答が多い項目(複数回答)は、「受注の減少」、「競争激化」、「人手不足」、「従業員の高齢化」などである。最近は「受注の減少」、「競争激化」と回答する企業の割合は減少傾向にある一方、「人手不足」、「従業員の高齢化」と回答する企業の割合は増加傾向にある。
引用元:建設業の現状と公共工事の動向 ~建設業の人手不足が供給制約となる可能性~

建設業にはオリンピック後の建設業界の仕事の減少を懸念する声は根強くありますが、それよりも高齢化による人材不足と、人材確保が各事業者にとっては切迫した悩みなのです。

建設業の資金繰りの課題

建設業では、業界ならではの取引方法がたくさんあります。

元請業者からの発注や手形による取引と他業界と違う点も多く、それが下請業者の資金繰りを悩ませる要因になっていることもあります。

建設業の資金繰りの悩み

・元請業者の支払いサイトが長い
・売掛金の金額が大きい
・元請の支払い方法が手形
・新規現場での材料費や諸経費がかさむ
・社員の給料にまわす資金が足りずつなぎ資金が必要
・銀行の融資審査に落ちてしまった
・取引先からの入金までのキャッシュフローが常に不安

このような資金繰りの悩みは建設業ならではの悩みと言えます。

請求書による支払いはどの業界でもありますが、建設業では金額が大きく、また支払いサイトがとても長い場合もあり、実際に現金が手元に入るまでにかなりの時間がかかってしまいます。

そうなるとその間の運転資金を確保しておかなければ、従業員に給料が払えなくなるばかりか、黒字倒産になってしまいます。


黒字倒産
黒字倒産とは?キャッシュフローの改善で倒産を回避する方法

評価:4.89-5,991件 企業経営において倒産という言葉は他社であれ聞きたくな言葉の一つです。 常に資金繰表に注意を払いながら健全な経営をしていきたいですが、景気や外部環境の影響もありますからキャ ...

建設業の資金調達にはファクタリングがおすすめ

今、建設業ではファクタリングによる資金調達が急増しています。

建設業で継続して事業を続るためには、仕入れ代金や人件費など恒常的にかかる費用を支払うための運転資金の確保が必要です。

特に元請業者から発注を受けるモデルになると下請けとして支払い条件や仕事の方針に従わざる負えないことも多く、不安なことも多いです。

下請法に守られているとはいえ、事業を守るためには自己防衛をしておかなければいけません。

その点でファクタリングは審査の早さから、最短即日での資金化、非対面での契約できて、取引差にバレないなど、利用しない理由がないくらいメリットが大きいサービスです。

なぜ建設業で銀行融資ではないのか?

大手銀行や地方銀行、ネット銀行では、企業や個人事業主向けの事業資金融資を取り扱っています。

資金調達するにあたって、公的金融機関からの融資はまず検討したい調達方法です。

建設業で審査に申し込むことは可能です。

しかし、金融機関からの融資は審査があり、その際に決算書や資金繰り表、事業計画書など様々な書類を求められます。

また面談も実施され、そこから更に何度かの会議を経て審査は決まります。

絶対に審査に通るという保証はありませんし、何より時間がかかりすぎ、必要な資金繰りの時間が足りなくなってしまい、直前で資金目途が立たなくなることもありえます。

そういったリスクを避けるためにファクタリングがおすすめなのです。

建設業のファクタリングとは

ファクタリングとは、まだ回収していない売掛金や売上債権を売却することで期日前に現金化する金融サービスのことです。

ファクタリング最大のメリットは資金調達のスピードです。運転資金が急に必要になってもすぐに現金を準備でき、資金繰りを安定させることができます。

請求書に対して審査を行うので、スピード査定で最短即日での資金化も可能です。

また、融資などの借り入れではなく、売掛債権の買い取りをしてもらう取引なので信用情報に影響を与えません。

2社間ファクタリングであれば取引先に全く知られずに資金化可能です。
2社間ファクタリングの仕組み

つなぎ資金の調達にお困りの建設業の方は、ぜひ一度利用をファクタリングを検討することをおすすめします。

建設業に評判のファクタリング会社5選

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国対応ではやい・かんたん・リーズナブルが特徴。

非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社です。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要がありません。すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日現金化が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※個人向け給与ファクタリングではありません
 遅延債権はお申込みいただけません

OLTA

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本のファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2020 All Rights Reserved.