ファクタリング

期日現金とは?手形との違いとファクタリングによる早期の資金調達の方法

更新日:

期日現金

☆☆☆☆☆
評価:4.88-4,221

近年、手形決済ではなく、期日現金にて決済を行う企業が増えています。

期日現金に切り替えているのは主に大手企業ですが、中小企業も取引を行う以上その特徴を抑えておくべきです。

そこでこの記事では、期日現金の特徴やメリット・デメリット、30日以上の期日現金資金化するファクタリングの情報を徹底解説していきます。

注意ポイント

期日現金は金融機関で早期現金化できない

期日現金による決済は、手形のように発行手数料がかかりません。反面、期日前に金融機関で早期資金化ができません

期日現金は90日や120日で決済されることが多く、現金が入ってくるのはかなり先になります。

期日前に現金化するには、ファクタリング会社に期日現金の買取を依頼するしかありません。

少しでも資金繰りに不安がありましたら、ファクタリング会社のサイトで資金調達の無料診断してみるのをおすすめします。

今お持ちの期日現金で「今いくら資金調達が可能か?」が数分でわかります。


期日現金に対応するおすすめファクタリング会社を見る


期日現金とは?

期日現金とは、サービスや物を提供しその代金を決められた期日に銀行へ振り込んでもらう信用取引です。

通常、売掛金による取引は、締め日から「30日程度」で入金が行われるのが一般的です。

一方、期日現金は締め日から「90日後」や「120日後」など、売掛金よりも「支払いまでの期間が長く設けられやすい」という特徴があります。

期日現金と手形(約束手形)との違い

期日現金は、約束手形と似ている決済方法ですが、実際には異なるものです。

まず、期日現金は手形を発行しません。

「90日後」や「120日後」というように固定の支払期日を設定するだけで、あとは金融機関を通す必要もないため気軽に利用することができます。

手形割引を利用できない

通常、決済手段として約束手形を発行した場合、仮に支払期日までに相手から入金がなかったとしても、その手形を金融機関に持ち込むことにより手形割引を受けることができます。

しかし、手形を発行せず支払期日だけを決める期日現金の場合は、手形割引を行うことができません。

もし、相手方の入金が予定よりも伸びたり、支払いそのものが行われない場合には、その被害を受けるのは自社となります。

期日現金は手続きが少なく気軽に利用できるのですが、その反面「柔軟性に欠ける」というデメリットがあります。

期日前の現金化方法 期日現金 手形
金融機関での現金化(手形割引) 利用不可 利用可能
ファクタリング会社での現金化 利用可能 利用不可

期日現金を現金化できるのはファクタリングです。ファクタリング会社に申し込めば最短即日で資金調達が可能になります。

期日現金を買取可能な優良ファクタリング会社

期日現金のメリット

コストを削減できる

通常、約束手形を発行する場合、手形発行に伴う印紙代や手形管理費がかかってくることとなります。

期日現金にて決済を行う場合、これらのコストを削減することが可能となります。

手形発行に伴う費用は、数千円から場合によっては数万円の負担がかかってくるケースもあるため、振り出す側からすれば、期日現金の方がメリットは大きいのです。

そのため近年では、大手企業を中心に、約束手形ではなく期日現金にて決済を行う企業が増加しています。

期日現金のデメリット

利便性に欠ける

前述の通り、手形を発行するわけではない期日現金は、手形割引を行うことができません。

ですので、もし取引先からの入金が遅れてしまった場合には、それに代わる資金を自分で補完する必要がでてきます。

また、当然ですが、受け取った手形を裏書して他社の返済に充てる、「回し手形」のような取扱いもできません。

期日現金のデメリットをカバーできるのはファクタリング

期日現金の最大のデメリットは、手形のように金融機関で早期資金化ができない点にあります。

約束手形ならば、手形割引により支払い期日の前でも資金を手にすることができますが、期日現金の場合はそれができません。

もし仮に急遽資金が必要となったならば、対応できずに資金ショートする可能性もあります。

期日現金を期日前に現金化したい場合、ファクタリングを利用します。

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング会社へ売却し、現金を手にできる資金調達手段です。

なぜおすすめするかと言いますと、ファクタリングは期日現金も買取対象としているからです。

自社が保有する期日現金をファクタリング会社へ売却することにより、期日を待たずに資金化することができるのです。

期日現金に対応する優良ファクタリング会社

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応

ファクタリングのメリット

最短即日で期日現金の資金化が可能

ファクタリングは、機動的な資金の調達ができます。

実際に資金化されるまでには、「ヒアリング→審査→入金」という過程を踏むのですが、最短ならば即日で全ての過程を完了させ資金を手にすることが可能となっています。

また、即日でなくとも数日程度には資金を調達できるため、期日現金にて決済を行っており、急遽現金が必要となった場合でも、ファクタリングを利用すれば安心です。

返済義務や利息が発生しない

銀行などの金融機関から融資を受けた場合、「返済義務」や「利息」が発生することとなります。

しかし、ファクタリングは融資ではなく、あくまで売掛債権の買取(譲渡)であるため、それらが発生することがありません。

融資を受け利息が発生してしまうと、どうしても資金繰りのバランスを維持することが難しくなってしまいます。

また、返済義務もあるため、後々に返済資金を準備するのも一苦労です。

ファクタリングならば、それらのリスクなく資金を調達することができます。

取引先に知られることなく期日現金で資金調達できる

ファクタリングを利用したことが取引先に知られてしまうと、「ファクタリングを利用しなければいけないほど資金繰りが悪いのか?」と勘ぐられてしまい、場合によっては信用を大きく毀損してしまう可能性があります。

しかし、ファクタリング会社と利用企業で取引を行う『2社間ファクタリング』を利用すれば、取引先に知られることなくファクタリングにて資金の調達ができます。

未回収リスクを回避することができる

期日現金もそうですが、売掛による信用取引で最も懸念すべきなのは「如何に未回収リスク回避すべきか」という点です。

万が一、取引先から支払いが行われない場合は、その被害は債権者の下へふりかかってきます。

ですが、ファクタリングを利用した場合、期日現金(売掛債権)の回収はファクタリング会社が行ってくれます。

その結果、期日現金(売掛債権)の未回収リスクを回避することができるようになるのです。

ファクタリングのデメリット

手数料がかかる

ファクタリングの最大のデメリットは、手数料がかかってしまう点です。

取引方法にもよりますが、2社間ファクタリングならば「10%~30%程度」、3社間ファクタリングならば「1%~5%程度」の手数料がかかります。

融資や手形割引など、いずれの資金調達手段もコストがかかってきますが、ファクタリングも手数料というコストがかかってくるため注意が必要です。

ただ最近ではAI活用し資金調達まで非対面のファクタリング会社が登場しており、その場合はかなり低い手数料で契約が可能です。

少なからず悪徳業者が存在

ここ数年でファクタリングが浸透したこともあり、現在では数多くのファクタリング会社が存在するようになりました。

勿論、中には優れた優良業者もありますが、少なからず悪徳業者がいるのも事実です。

特に、ファクタリングは明確な法律が定められているわけではなく、手数料などはその会社の裁量次第ということもありますので、事前にしっかりと確認しておかなくてはいけません。

特に、契約書などの控えをしっかりと受け取ること、利用する前に口コミなどの情報でそのファクタリング会社の信頼性を確認しておくなどの対策を取ることを推奨します。

期日現金の資金調達はファクタリングがおすすめ

期日現金は、支払期日が締め日から90日や120日などと長めに設定されやすく、さらには手形割引や手形回しなどの応用も利きません。

よって、万が一支払日よりも先に資金が枯渇してしまうと、自社はその対応に追われることとなります。

資金繰りの悪化は、負のサイクルの始まりです。場合によっては「黒字倒産」の引き金になってしまう可能性もあります。

そのようなリスクを避けるためにも、ファクタリングを利用し迅速な資金調達をおすすめします。

また、通常の資金繰りでの調達が難しい場合は、審査基準が柔軟なファクタリングでの期日現金での資金調達を考えてみてはいかがでしょうか?

期日現金に対応する優良ファクタリング会社

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2022 All Rights Reserved.