ファクタリング

個人事業主が借入金の返済財源を確保する3つの方法

更新日:

個人事業主返済財源

☆☆☆☆☆
評価:4.43-2,242

個人事業主として日々事業を行う中で運転資金の目的で借り入れた借入金をどうやって返すかは常に意識しておかなければなりません。

特に、借り入れの際は今の事業の規模ではいくらまで借りても不安なく返していけるか?ということがとても重要です。

そこで今回は個人事業主が借り入れの返済を返済財源の視点からご紹介したいと思います。

事業の収益を返済財源にする

個人事業主に限らず、返済財源で一番なのは事業の収益で返済することです。

個人事業主では、継続的な収益の他に、単発でのお仕事の発生もありえますから、半年から1年先の事業収益を想定しながら返済計画を立てる必要があります。

そのときに気をつけたいのは、先方の与信です。売掛債権がいきなり不良債権になる可能性もありますから、個人事業主であっても契約書とうの法的な確認は必ずとりましょう。

借り換えを返済財源にする

返済期限が到来したお金と再度同額を借入れし、それで返済に充てる方法です。

この際に、以前借りた銀行等よりも金利が低ければその分返済時の負担は軽くなります。

ファクタリングを返済財源にする

ファクタリング会社に今お持ちの売掛債権を買い取ってもらい返済財源にする方法です。

ファクタリングは、個人事業主が保有する売掛債権の買取でここ数年で、「借りない資金調達」としてr中小企業の経営者や個人事業主へ広く利用されてきています。

売掛金は業種にもよりますが、入金まで数ヶ月~半年の期間があるのが一般的の小売のようにすぐ現金が手に入ることは少ないです。

売掛金は商売を行うときにはどんな業種でも発生するもの。大企業だけではなく個人事業主で仕事を受けている方も、売掛金がありますよね。

それがファクタリングなら最短で即日現金化が可能なのです。

オルタファクタリング

ファクタリングが個人事業主へも浸透

今までファクタリングと言えば、中小企業から大きな企業までが利用するものと思われていました。つまり個人事業主が利用するものではないというのが通例だったのです。

しかも、個人事業主をはじめから受けてつけていないファクタリング会社はあります。これは個人事業主によくあることであなた自身の問題ではありません。

では、個人事業主がファクタリングを即日で申し込むことはできないのでしょうか?

ファクタリングは個人事業主でもOKなのか?

結論から申し上げると、個人事業主の方もファクタリングに申し込んで売掛金を即日で現金化して資金調達することは可能です。

先程述べたように、当初のファクタリング会社は主に中小企業を相手に売掛債権の買取を行ってきていました。

それが近年の商慣習の変化から、個人事業主でも審査に通ることができる売掛債権をお持ちの方も増えてきたので対応ができるようになったのです。

ファクタリング会社もここ数年で参入が増え、医療業界向けなどの業界特化したり、個人事業主に特化、契約完了まで対面することがないクラウドファクタリングとお客様ニーズに合わせて細分化が進んでいるのです。

個人事業主がファクタリングする際に気をつける4つのポイント

個人事業主へのファクタリングが広がっているとはいえ、しかし気をつけなければいけない点が企業と違いいくつかあります。

個人事業主がファクタリングの申込みを行う際の審査で必ず個人事業主特有な点ですので、当てはまっていないかチェックしておきましょう。

社会保険等の滞納はないか

個人事業主はまさに個人の審査の面もあります。そのため、法律的に決められた社会保険料等の公的に納付しなければいけない費用等を収めていない場合、ファクタリングの審査を受ける際に問題となる場合があります。

税理士による決算書類等は揃っているか

個人事業主でも確定申告が必要です。そのため、事業としての決算書類等が整備されているかもとても重要です。できれば税理士による定期的なチェックと書類の整備はしておく必要があります。

売掛債権の額と期間

ファクタリング会社としては売掛金を買取る形になりますから、一定の金額がある売掛金があるものを選びたいです。

個人事業主では少額の売掛金の場合も多く、この点を敬遠されることが多いのです。

また入金サイクルが長い場合にも避けられることがありますので、取引先との契約は見直しすることが賢明です。

一方で、少額の売掛債権の買取に特化したファクタリング会社もありますので、売掛金の額と資金繰りに必要な金額を考えてファクタリング会社を選ぶ必要があります。

ファクタリングの手数料相場

ファクタリングを申し込むとき、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

手数料は2社間ファクタリングと3社間ファクタリングで違うのと、ファクタリング会社によって違います。

2社間ファクタリング

買い取る売掛金額の5%~20%

3社間ファクタリング

買い取る売掛金額の1%~5%

個人事業主のファクタリングの利用はその殆どが「2社間ファクタリング」が選ばれています。

なぜなら、3社間ファクタリングは売掛先の合意が必要となる分、ファクタリングにかかる手数料は低く魅力的ですが、売掛先にもファクタリングのことが通知されるので風説のリスクが伴う場合があります。

また3社間での取り決めになるのでファクタリング手続きに時間がかかりますので、ファクタリングのメリットである即日での資金調達は難しい場合もあります。

そのため、個人事業主の方が利用する2社間ファクタリングによる売掛債権の買取が多いのです。

個人事業主が申し込みOKなファクタリング会社とは

個人事業主が申し込みできるファクタリング会社が昨年から急増しています。

働き方改革の流れで最近ではパソコンひとつで仕事する個人事業主が増えており、ファクタリング会社もその流れに合わせて全国からインターネットで申し込みから審査、契約まで完結できるよう対応しています。

個人事業主OKのファクタリング会社

非対面のクラウドファクタリングで最短即日資金調達可能なOLTA(オルタ)

オルタのクラウドファクタリング

olta(オルタ)は日本全国に対応するオンライン完結のファクタリングサービスです。

難しい手続きなくはやい・かんたん・リーズナブルが特徴です。

オルタは非対面で契約から入金までオンラインで完結できる、クラウドファクタリングを提供するファクタリング会社。

2017年創業の会社ながらクラウドファクタリングの取り扱い実績は100億円を超え、先日25億円もの資金調達を行っており、経営基盤もしっかりしています。

お問合わせから入金の完了まで、来店の必要なし。
すべての手続きがネットで完結するので紙の書類提出も面談も不要です。

ファクタリングに重要なスピードも最短24時間以内で即日資金調達が可能。

もちろんエリアは全国・個人事業主にも対応しています。
※個人向け給与ファクタリングではありません
 遅延債権はお申込みいただけません

OLTA

無料かんたん査定はこちら


オルタ提携企業

オルタの特徴

・24時間365日ネットで受付
・最短24時間以内の資金調達が可能
・すべての手続きが非対面で完結
・エリアは全国対応
・手数料は2~9%と業界最低水準
・無料ユーザー登録で査定・審査はすべて無料
・譲渡禁止特約付債権の買取も可能
※給与ではなく請求書が対象になります。

オルタで請求書の査定・審査を依頼するには


オルタ公式サイトにアクセスし、無料登録して申し込むからユーザー登録すると請求書の査定・審査が可能です。

オルタは審査を通過し契約後の買取手数料のほかに費用は一切かかりません。なので安心して査定・審査が依頼できます。

必要書類

1.代表者様を確認できる本人確認書類

2.昨年度の決算書一式
貸借対照表 / 損益計算書 / 勘定科目明細
※個人事業主の方は、確定申告書B 第一表

3.入出金明細(保有する全銀行口座の明細直近4カ月)

4.売却予定の請求書
 請求金額・入金日が確定しているものに限ります。
 既に入金日が過ぎているものは申込できません。

オルタ公式サイト

無料かんたん査定はこちら


業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる

事業資金を今すぐ借りたい方におすすめ

事業資金融資なら【MRF】

株式会社エムアールエフ(MRF)は、ビジネスローンや不動産担保ローンを中心としたご融資サービスを積極的に拡大しています。事業を営むお客さまの金融機関として誠実にそして情熱をもって取り組んでいる会社です。仮審査は来店不要24時間以内の返答とスピード感ある対応が好評です。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2021 All Rights Reserved.