ファクタリング

債務超過とはどんな状態?|倒産を回避する資金調達の方法を徹底解説

更新日:

債務超過

☆☆☆☆☆
評価:4.77-4,622

債務超過とは、企業の負債総額が資産総額を上回る状態を指します。

その時点で、すべての資産を手放したとしても債務を返済しきれない財務状況にあるため、会社としてはかなり危険な状態にあります。

そのままにしておけば倒産の危機は免れないものであるため、当然ながら放置できるものではありません。

また、一度債務超過になると、銀行などから融資を受けることも難しくなるため、抜け出すことが難しくなります。

よって、普段から安全性のチェックを怠らないことがとても重要です。

この記事では、そんな債務超過のリスクや判断基準、解消方法、資金調達手段などの情報を徹底解説していきます。

債務超過と赤字の違いとは?

債務超過の企業は、当然ながら赤字が続いてしまっているケースが多いです。

しかし、債務超過と赤字は似ているようで、実際には異なるものです。

通常、「財務諸表」というと、その会社の一定時点での財政状態を表す「貸借対照表」と、一定期間の経営成績を表す「損益計算書」の二つを指します。

損益計算書とは、企業のある一定期間における経営成績を知るための財務諸表のひとつであり、

「収益」「費用」「利益」

から成り立ちます。

そして、この一定期間の収益よりも費用のほうが大きかった金額が赤字です。

一方、債務超過の判断基準として利用されるのが「貸借対照表」です。

貸借対照表には会社が保有する、財産的にプラスの価値のあるものを「資産」、返済の義務のあるものを「負債」、両者の差し引きを「純資産」として記載します。

そして、その純資産には企業の利益を積み立てた資本金や資本剰余金、利益剰余金、株主から調達した資本金などが含まれますが、これらの純資産を負債が上回る状態を『債務超過』といいます。

債務超過のリスクとは

債務超過の最大のリスクは、倒産を招いてしまう可能性があることです。

また、債務超過になった瞬間に倒産が確定するわけではないですが、債務超過となることで、以下のような倒産につながる2つの要因を引き起こしてしまうリスクがあります。

融資を受けにくくなってしまう

企業は、銀行から融資を受けることで資金繰りをまかなっています。

しかし、債務超過となった企業は、負債を支払う資産を保有していない状態にあるため、取引先との信用を失ってしまいます。

そうなると、銀行は勿論のこと、あらゆる金融機関から融資を受けることが難しくなり、また債務超過から抜け出すための資金集めも困難となるため、負債が返済できず、結果的に倒産を招いてしまうのです。

上場廃止となってしまう

もし、上場企業である場合、上場廃止となってしまう可能性もあります。

実は、日本取引所グループJPXによる上場廃止基準には、「債務超過の状態となった場合において、1年以内に債務超過の状態でなくならなかったとき」というものがあります。

上場廃止となってしまうと株式市場での取引は不可能となりますし、その場合株価が暴落してしまう可能性は高まり、また株主からの資金集めが困難となってしまうことから、倒産のリスクを高めてしまうこととなります。

債務超過の解消方法

ここでは、債務超過の解消方法を3つ解説していきます。

債務超過の解消方法を知ることで急に起こる経営トラブルを未然に防ぐことができます。

民事再生法/会社更生法

民事再生法および会社更生法とは、経営の継続が難しくなった企業を廃止させることなく立直すための法律です。

裁判所による再生・更正計画の認可を受けることで、裁判所に選任された監督委員・更生管財人の主導のもと、更生計画を遂行することが可能となります。

ただし、民事再生法と会社更生法の目的はほぼ同様のものとなりますが、民事再生法は法人や個人などを問わないもの、会社更生法は株式会社のみ適用されるものと、適用される対象が異なってきます。

また、会社更生法のほうがコストも時間もかかり、手続きも複雑かつ厳格であるため、中小企業や小規模事業主は民事再生法を利用するのが一般的です。

DES (デット・エクイティ・スワップ)

DESとは「Debt Equity Swap」の略であり、日本語に訳すと「債務と株式の交換」という意味です。

DESは、対象企業に対し融資を行っている金融機関が、負債の返済を免除する代わりにその免除された企業の株式を受け取るという支援方法となります。

DESを行えば、債権者側は株式を受け取ることができる、債務者側は債務を返済し、債務超過を解消できるというメリットが発生します。

ただし、DESを実施することで、債務者側には配当負担が増加してしまうデメリットもあるため、その点は注意が必要です。

M&Aで債務超過の会社を買収してもらう

債務超過は倒産を招く恐れがありますが、M&Aで他社から債務超過の会社を会社や事業の買収してもらうことにより、債務超過を回避することができます。

その会社にしかない技術やノウハウ、人材などの魅力があるならば、たとえ債務超過であったとしても、M&Aに手を挙げる企業がある可能性は十分にあります。

倒産を避けることができる可能性があるならば、M&Aは十分検討するに値する手段です。

債務超過時に最適な資金調達手段

債務超過は、すぐにでも解消したいところでしょう。

しかし、前述の通り、債務超過になってしまえば信用が低下し、銀行からも融資を受け辛くなってしまいます。

そこでおすすめとなるのが、ファクタリングによる資金調達です。

ファクタリングとは、保有する売掛債権をファクタリング業者に売却する資金調達方法であり、今ある債権を売却し現金化することで、キャッシュフローを改善することが可能となります。

しかも、ファクタリングの審査は売掛先の与信に対して行われるため、仮に自社が債務超過であったとしても、その影響を受けることなく資金を調達することができます。

債務超過は1日でも早く資金繰りの改善を

そもそも債務超過とは、その状況に陥ってしまった時点で解消することは中々困難となってしまいます。

よって、普段から短期安全性や長期安全性、財務体質などのチェックしておき、債務超過になる前の兆候を見逃さないことが重要となります。

また、債務超過になったらといってすぐに倒産するわけではないため、いざとなったらファクタリングなどを活用し、早期改善を目指していただきたいところです。

債務超過の際におすすめなファクタリング会社5選

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2022 All Rights Reserved.