【PR】本記事のリンクには広告が含まれています。記事内で紹介したサービスを申し込みされた際、売上の一部が当サイトに還元されることがあります。

ファクタリング

融資以外の資金調達で事業資金を確保する方法|知っておきたい銀行以外での資金調達のメリット・デメリットを徹底解説

更新日:

資金調達融資以外

☆☆☆☆☆
評価:4.67-3,722

「企業の資金調達方法=銀行融資」というイメージを持つ経営者は非常に多いです。

しかし、その考えですと、銀行融資を断られた時点で会社の資金調達源が断たれてしまうこととなります。

勿論、銀行から融資を受けることは、会社が生き残っていくために必要なことです。

ですが、実際に企業が資金を調達する方法は銀行融資以外にも多くあるため、銀行に融資を断られたからといって決して諦める必要はありません。

そこでこの記事では、融資以外の資金調達方法を徹底解説していきます。

保証協会の保証付き融資

法人が利用する銀行融資には、2パターンあります。

・銀行が貸し倒れリスクを全て負う、「プロパー融資」

・信用保証協会が貸し倒れリスクの大半を負う「保証協会の保証付き融資」

当然ですが、「信用力が低い」と銀行に判断された企業がプロパー融資を受けることは、大変困難となります。

しかし、プロパー融資がだめでも、保証協会の保証付き融資を受けることで、信用力の低い企業でも資金を調達できる可能性があります。

保証協会の保証付き融資とは、その名の通り、公的機関である信用保証協会が、その事業者が万が一返済困難となった場合に、借主に代わって金融機関に「立て替え払い」の保証を行う融資方法です。

この保証を取り付けることができれば金融機関はリスクが大幅に削減されるため、信用の低い会社であったとしても、融資を受けることができるようになります。

日本政策公庫からの資金調達

日本政策金融公庫とは、国が100%出資する金融機関であり、一般の金融機関が行う金融を補完することを目的としています。

たとえば、創業したばかりの企業や業績が芳しくない企業は、当然ながら信用が低く、銀行から融資を受けることが難しいです。

しかし、だからといって融資が実施されず、中小企業がどんどん潰れていっては、日本の経済は発展しません。

そこで、日本政策金融公庫が、一般の金融機関である銀行などの金融業務を補完するわけです。

また、銀行などの民間の金融機関は営利が第一目的であるため、どうしても貸し倒れのリスクなどにシビアになりますが、そもそも日本政策金融公庫は営利ではなく、国内の経済の活性化を目的に運営されています。

よって、銀行などと比較すると、当然融資が受けやすくなっているのです。

しかも、日本政策金融公庫の金利は圧倒的に低いため、(おおよそ1.6~2.8%程度)返済の負担を抑えながら資金を調達できます。

日本政策金融公庫での調達は支払などに間に合わないリスクもあり

一般的に銀行からの資金調達が厳しい場合、多くの方は信用保証協会の保証付き融資や日本政策金融公庫の融資を検討します。

しかし、それでも資金を調達できない可能性は大いにあります。

たとえば、公的機関である信用保証協会から保証を拒否された場合、同じ公的機関である日本政策金融公庫からも融資を断られてしまう可能性は十分に考えられるでしょう。

信用保証協会の保証にしても、日本政策金融公庫にしても、返済の見込みが全くない企業には融資は下りません。

よって、資金が調達できず、支払いが滞ってしまうリスクは十分に考えられます。

取引先の支払が滞れば信用が大きく低下するでしょうし、万が一手形が不渡りになれば銀行との取引停止、倒産などのリスクが高まります。

ですので、「すぐにでも現金が必要」という状況では、もっと高確率で資金を調達できる方法を同時に検討しておくことが大切です。

ベンチャーキャピタルなどの第三者からの出資

ベンチャーキャピタルやエンジェルと呼ばれる投資家などの第三者から出資を受けるのも、一つの資金調達手段です。

また、出資先としてポピュラーなものに「ベンチャーキャピタル」があります。

仮に、現在の自社の業績が悪くても、将来性が見込めるならばベンチャーキャピタルから出資を受けることができるかもしれません。

ただし、ベンチャーキャピタルもリターンを第一に考え出資を検討するため、資金を調達できる可能性は決して高くありません。

ベンチャーキャピタルに出資を希望する会社のうち、実際に出資を受けられるのは「3%以下」といわれているため、よほど将来性が大きい事業を営んでいなければ出資を受けるのは難しいと考えたほうが無難です。

クラウドファンディングによる調達

クラウドファンディング
クラウドファンディングとは、クラウド(群衆)とファンディング(資金調達)を組み合わせた造語です。

主にインターネットを介して不特定多数の人々から少額の資金を調達する資金調達方法で、商品の開発や、サービスを優先的に受けれる権利、またリターンがないモデルと様々な方法があります。

海外でも普及しており、IOTの波から主に大手のメーカーが作らないようなハードウェアの開発資金をクラウドファンディングで集め、そのリターンに製品を一般販売より早く且つ安く提供します。

何を作るか、どんなサービスを提供するかがはっきりしており、プロジェクトのプロセスも参加した人に随時公開されるので透明性が高いモデルです。

しかし、目標調達額に届かないこともあり、すべてのモデルが成功できるとは限りません。

ファクタリングによる資金調達

ファクタリングとは、売掛債権をファクタリング業者に買い取ってもらい、現金を手にする資金調達手段です。

通常、掛取引を行う場合、商品やサービスを売上げてから実際に支払いが行われるまでに数ヶ月程度の間があきます。

よって、支払日までの期間の資金繰りというのはどうしても厳しくなってしまうのです。

また、場合によっては、売上が上がっているのに現金が不足しショートしてしまう、いわゆる「黒字倒産」などが発生してしまうリスクもあります。

しかし、ファクタリングを利用すれば、実質的に回収を前倒しして資金を調達することが可能であるため、資金ショートなどを防ぐことができるのです。

ファクタリングによる資金調達のメリット

ファクタリングには、以下のようなメリットがあります。

最短即日で資金を調達できる

ファクタリングは、最短ならばその日のうちに資金を調達することが可能となっています。

機動的に現金を手にできるのはファクタリングの大きなメリットです。

審査通過率が高い

ファクタリングを行う場合、審査が実施されますが、その審査は売掛先の与信に対して行われるため、仮に自社が赤字決算であったり税金が未払であったとしても、資金を調達できる可能性があります。

保証人や担保は不要

通常、銀行などでは融資を受ける際に保証人や担保を求められますが、ファクタリングの場合、借入ではなくあくまで売掛債権の買取になるため、保証人や担保は不要となっています。

取引先に知られずにファクタリングを活用できる

ファクタリングには、利用者とファクタリング業者でファクタリング契約を締結する「2社間取引」と、利用者とファクタリング業者、売掛先の「3社間取引」があります。

そして、2社間取引にて契約を行えば売掛先への通知も不要であるため、取引先にばれることなくファクタリングを活用することが可能となっています。

また最近では、審査から契約完了まですべてオンラインで解決するクラウドファクタリングというサービスを提供している会社もありますので、会社に居たまま資金調達も可能です。

融資以外の短期の資金繰り改善ではファクタリングがおすすめ!

資金調達方法には、他にも「知人や親族から借入を行う」「少人数私募債を募る」などがありますが、デメリットも多く資金調達までの条件もきびしめです。

よって、総合的に判断すれば、ファクタリングでの資金調達が最もおすすめとなります。

ファクタリングならば、売掛金さえあればほとんどの確率で資金を調達できますし、最短即日で現金が手に入るため、急に資金が必要となった場合でも対応可能です。

また、ファクタリングには手数料がかかってきますが、3社間取引の活用や、ファクタリング業者を厳選することで、手数料をできるだけ抑えることもできます。

どのようにして資金を調達するか悩んでいる方は、機動的に、そして高確率で現金を手にできるファクタリングを利用し、資金繰りを改善していきましょう!

優良ファクタリング会社5選

24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応


最短1日の資金調達ベストファクター

ベストファクター

ベストファクター非対面契約のファクタリング・最短1日対応の頼れるファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。

ポイント

  1. スピード資金調達:必要書類を準備することで、最短即日で売掛金を資金化可能
  2. 低手数料:業界最低水準の2%からの買取手数料が特徴
  3. 秘密主義:2社間ファクタリングも利用可能で、お取引先や金融機関に知られる心配がありません​​。
  4. 担保や保証人不要:売掛金の確認が取れれば、誰でもサービスを利用できます​​。
  5. 高度なセキュリティー対策:お客様の情報をあらゆる脅威から守るためのセキュリティー対策が施されています​​。
  6. 償還請求権なしの完全買取:買収した売掛金の回収が困難になっても、お客様に保証を求めません

AIファクタリングのPayToday

PayTodayは、即日・最安のオンライン完結のAIファクタリングを提供する今注目のファクタリング会社です。

創業5年で取り扱いは10億円を突破。

企業や個人事業主だけでなく、フリーランスにも柔軟に対応しています。

PayTodayのAIファクタリングはここが他社と違う

・明瞭・安心な手数料(1%~9.5%)
・即日振込で最短45分~
・オンラインで全国対応
・対面の面談なし
・2社間ファクタリングなので取引先への通知不要


業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2023 All Rights Reserved.