ファクタリング

他社利用中でも別のファクタリング会社を利用することは可能?注意すべき点も

投稿日:

ファクタリング 他社利用
ファクタリングの手数料は、各ファクタリング会社によって異なります。

そのため、現在利用しているファクタリング会社よりも、他社の手数料が安ければ「乗り換えたい」と考えるのが通常です。

しかし、初めて別のファクタリング会社に乗り換える場合、それが可能なのか不安に思う方もいらっしゃるでしょう。

結論からいえば、他社を利用中でも別のファクタリング会社を利用することは可能です。

ここでは、ファクタリング会社を乗り換えるメリットや注意点、他社利用中でも乗り換えに対応するファクタリング会社などを徹底解説します。

これからファクタリング会社の変更を検討している方は是非とも参考にしてください。

他社利用中にファクタリング会社を乗り換えるメリットとは?

まず、ファクタリング会社を乗り換えるメリットをご紹介していきます。

ファクタリングの手数料が安くなる可能性がある

ファクタリング会社を乗り換える理由として、最も多いのが「ファクタリングの手数料が安くなる」ケースです。

前述の通り、ファクタリング手数料は会社ごとで大きく異なります。

今よりも手数料が安いファクタリング会社に乗り換えることができれば、それだけで十分大きなメリットとなります。

また、他社から乗り換えることで手数料を安くしてくれるファクタリング会社もあるため、気になる会社があるならば相談だけでも行ってみるのも一つの手段です。

さらに、現在ファクタリング会社に諸経費を支払っている場合でも、乗り換えが有効となる可能性があります。

たとえば、「登記費用」や「交通費」「事務手数料」といった諸経費は、全て無料にしている会社も多くあります。

このうち一つでも支払っている場合は、資金調達コストの削減という点から見ても十分乗り換えを検討する理由となります。

ファクタリング会社の担当者との折り合いが合わない

ファクタリングで資金を調達する場合、できるだけ優秀な担当者に相談したいところです。

知識や経験、対応の早さなどは担当者によって変わってきますし、担当者が優秀であるほど効率的な資金調達に期待できます。

あまりにも現在の担当者に不満がある場合は、乗り換えでの解決を検討してみましょう。

債権譲渡登記を行っている

2社間ファクタリングで契約を締結する場合、基本的にファクタリング会社は債権譲渡登記を行います。

これは、ファクタリング会社が買取る売掛債権を「自分のもの」と主張する上で仕方のない処置でもあるのですが、一般的に債権譲渡登記を行うための費用は「8万円前後」と決して安くなく、さらにその費用は実費負担しなければいけないことが多いです。

実は、ファクタリング会社の中には債権譲渡登記を留保してくれる会社もあるため、できるだけ資金調達コストを抑えたい方はそのような会社を探し、乗り換えてみるのも一つの手段です。

他社利用中にファクタリング会社を乗り換える際の注意点とは?

ファクタリング会社を乗り換える場合、以下のような注意点があります。

場合によっては大きなリスクを伴ってしまう可能性もあるため、事前にしっかりと確認しておきましょう。

ファクタリング会社を乗り換える際の注意点

二重譲渡の可能性

ファクタリングは、保有する売掛債権をファクタリング会社に売却(譲渡)し、現金化する資金調達手段です。

この肝心の売掛債権ですが、二重に譲渡する行為は当然禁止、意図的に二重譲渡を行ったと見なされれば「詐欺罪」などの罪に問われる可能性もあるのです。

しかし、何社ものファクタリング会社を利用すると、時にはどの会社にどの売掛債権を譲渡したかがわからなくなってしまうこともあります。

そのため、ファクタリング会社を乗り換え、いくつもの会社を同時に利用するようなケースでは、しっかりと売掛債権の管理を徹底しておかなくてはいけません。

契約審査に不利にはたらいてしまう可能性

「ファクタリング会社をいくつも同時に利用している」という状況は、ファクタリング会社からすれば好ましい環境ではありません。

そのため、場合によってはファクタリングの審査に不利に働いてしまう可能性もあります。

また前述の通り、同時にいくつものファクタリング会社を利用すれば売掛債権の管理も煩雑です。

その点を鑑みると、ファクタリング会社を同時に利用する場合は、多くても5社程度にとどめておくほうが効率的です。

乗り換えに対応するファクタリング会社

どうせ乗り換えるならば、今よりも好条件の会社を選択したいところです。

ここでは、乗り換えが可能で実績のある優良ファクタリング会社をご紹介していくため、乗り換えの参考にしてください。

OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)は、オンライン上で契約までを完結できる「クラウドファクタリング」を提供しているファクタリング会社です。

クラウドファクタリングならば来社も不要であるため、当然ながら交通費や出張費用などもかかりません。

そして何より、オルタの手数料は「2%~9%」と業最安水準であるため、今使っている会社以上に手数料が安くできる可能性が十分にあります。

ビートレーディング

ビートレーディングは、2万件以上の取引実績のある、信頼性の高いファクタリング会社です。

買取下限や上限を設定しておらず、また基本的に売掛債権ならば業種を選ばず買取を行っているため、個人事業主から大手企業まで幅広い方のニーズに対応しています。

手数料は相場よりも若干安めというイメージですが、経験豊富な優秀なスタッフが揃っている点が非常に魅力的です。

現在使っているファクタリング会社の担当に不満を抱いており「担当をグレードアップしたい」という方には、特にビートレーディングは柔軟に対応してくれます。

トップマネジメント

トップマネジメントは、10年以上の運営実績がある老舗のファクタリング会社です。

「日本で初めて2社間ファクタリングを始めたファクタリング会社」ともいわれています。

現在でも、新型コロナウイルスが流行している現状を鑑みて「オンライン完結型ファクタリング」を導入するなど、柔軟にその時の環境に適したサービスを提供しています。

また、トップマネジメントのスタッフは商工会議所の会員で、尚且つ元警察官や元税理士などといった素晴らしい経歴を持っている方ばかり、的確なアドバイスでしっかりと資金調達をサポートしてくれます。

そして、専門のスタッフが無料コンサルティングも提供しているため、充実したアフターフォローを求める方にも期待できるファクタリング会社です。

ファクタリングを他社利用中でもまずは相談してみることが大切

現在既にファクタリングを利用していたとしても、ほかのファクタリング会社に乗り換える行為は決して悪いことではなく、法的にも別段問題ありません。

むしろ、より効率的にファクタリングで資金を調達する上で有効な手段にもなりえます。

ただし、ファクタリング会社の乗り換えにも注意点はあります。

特に、「売掛債権の二重譲渡」や「ファクタリング会社の多数利用」などはリスクも大きいため留意が必要です。

また、せっかく乗り換えるのに、今より条件が悪くなっては意味がありません。

そのため、乗り換えの際には、事前にしっかりとそのファクタリング会社の手数料やスタッフの質、信頼性、口コミなどの情報を確認しておき、より良い条件での資金調達を目指していきましょう。

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本のファクタリング
個人を対象にしたファクタリングは危険です!
給料ファクタリング 違法

給料ファクタリング

実績のある優良ファクタリング会社

資金調達や資金繰りでお困りの経営者・個人事業主に対応可能な実績のある優良ファクタリング会社をご紹介します。

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。 月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。 最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。 ビートレーディング
・日本全国対応 ・個人事業主様、法人経営者様を問わず小口から大口まで対応可能 ・売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。 ・契約件数全国トップクラス ・信用情報関係なし売掛金があれば、最短翌日に振込可能です。

10秒で簡単無料査定【日本中小企業金融サポート機構】

日本中小企業金融サポート機構は一般社団法人のファクタリング会社です。郵送ファクタリングという他社にはない非対面で審査から契約まで完了できるサービスを提供しています。従来は平気3.5時間と交通費がかかっていたの、なんと最短30分と郵送料510円だけで済むのです。

一般社団法人日本中小企業金融サポート機構

資金化まで最短翌日【三共サービス】

三共サービスのファクタリングサービスは「来店不要」「最短即日」「全国対応」「保証人不要」「個人事業主OK」と経営者の方々に使っていただけるファクタリングサービスを目指しています。

個人事業主様、法人経営者様問いません。「決算が赤字続き」「税金の未納がある」「金融機関の融資やビジネスローンの審査を否決された」「新規事業をはじめたばかりで融資がまだ受けられない」「売掛先や社員に知られずにつなぎ資金を確保したい」というニーズにお応えします。

特に売掛先や従業員に知られず、風評被害を回避できる2社間ファクタリングは特に多くご利用いただいております。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは 図解でわかりやすく仕組みを解説!違法な会社を避ける|ビジマネ! , 2020 All Rights Reserved.