ファクタリング

ファクタリングと手形割引は何が違う?売掛債権の違いを徹底解説

投稿日:2019年3月20日 更新日:

ファクタリング手形

☆☆☆☆☆
評価:4.52-2,309

一見すると同じように感じる『手形割引』と『ファクタリング』ですが、実際には全く異なる資金調達方法となります。

効率よく資金を調達するためにも、それぞれの特徴は抑えておきたいところです。

そこでここでは、手形割引とファクタリングの違いや、メリット・デメリットなどの情報を徹底解説していきます。

手形とは

『手形』とは、現金の代わりに受け取る有価証券です。また、現在では手形というと一般的に「商業手形」のことを指します。

もともと手形は12世紀頃のヨーロッパを起源に始まっています。ですので、日本における現行の手形制度は、日本独自の制度が発展したものではありません。

明治以降、ヨーロッパの制度を取り入れて発展させたものなのです。

商業手形の特徴

商業手形には、主に『約束手形』『為替手形』の2種類があり、それぞれ以下のような特徴があります。

約束手形:2社間での商取引の支払いで使用
為替手形:3社間での商取引の支払いで使用

また通常、手形と呼んでいるものは約束手形の事を指しています。

約束手形の特徴

約束手形とは、定めた期日に一定金額の支払いを行うことを約束した手形です。

また、約束手形を発行する側の人を「振出人(ふりだしにん)」、約束手形を受け取る側の人を「受取人(うけとりにん)」と言います。

約束手形が現金化されるまでの流れは以下の通りです。

通常、サービスや商品を提供した場合その対価として売上が発生しますが、現金を振り込む代わりに振出人は約束手形を発行します。

その約束手形に記載された期日になると、受取人は約束手形を銀行にて現金化する事が可能となり、振出人は当座預金口座から引き落としが行われる事となります。

手形取引のメリット

支払いを遅らせる事ができる

約束手形を振り出せば、通常よりも支払いを遅らせる事が可能となります。

支払いを遅らせる事ができれば、振出人としては資金繰りが楽になるメリットが生まれます。

また、その際に金利などのデメリットが生まれる事もありません。

また、受取人にとってもメリットがあります。それは、信用取引よりも支払いが確実となる点です。

手形は、万が一期日に引き落としができなかった場合「不渡り」となります。また、その「不渡り」を2回続ければ銀行との取引も停止されてしまうのです。

現実的には1回目の不渡り後に2回目の不渡りを回避することは稀です。

企業としても、不渡りは避けないと事実上の倒産となってしまうため、その結果信用取引よりも支払いが確実となるのです。

手形割引を利用する理由

約束手形は、振出人と受取人の両者にメリットがありますが、受取人としましては実際に売上げてから入金されるまでに時間差が生まれてしまうデメリットもあるのです。

そこで、受取人は『手形割引』を利用して早期資金化を図ろうとします。

手形割引とは

『手形割引』とは、銀行などが手形に記載された支払期日までの利子に相当する金額を引き去って残金を支払い、その手形を買い取ることです。

結果、約束手形の受取人は、期日まで待つことなく手形を資金化する事が可能となります。

ただし、その反面「手数料がかかってしまう」などのデメリットも発生してしまいます。

手形割引とファクタリングの違いとは?

手形割引とファクタリングには以下のような違いがあります。

手形割引とファクタリングの違い

貸し倒れの有無

手形割引は、あくまでも手形を担保にした「融資」です。

そのため、万が一手形が不渡りになったりした場合には、受取人にその責任が及ぶ事となります。

しかし、ファクタリングの場合は、売掛先が倒産したとしてもその責任を取らされる事はありません。

資金調達のコスト

ファクタリングの場合資金調達のためのコストは、2社間取引で『10%~30%程度』、3社間取引で『1%~5%程度』となっています。

一方、手形割引の場合は、銀行で『約1.5%~5.0%程度』、手形割引業者で『3.0%~15.0%程度』です。

基本的に手数料の安さという面では手形割引の方が有利となります。

審査の違い

手形割引とファクタリングは、どちらも利用する際に審査が行われます。

ただし、手形割引は利用者に対して審査されるのに対し、ファクタリングは売掛先への審査が行われる事となります。

手形割引は基本的に審査が厳しく、自社が赤字決算や債務超過などという状況では受かる事が難しいです。

しかしファクタリングの場合は、売掛先の信用で判断されますので審査が緩く、仮に自社が赤字決算や債務超過だとしても利用する事が可能となっています。

ファクタリングと手形割引の選び方

ファクタリングと手形割引は、それぞれ異なる特徴を持っています。一長一短であるため、環境に応じてどちらを利用するかは決めたいところです。

例えば、コスト面を一番に考慮するならば手形割引の方が向いています。

しかし、事業が赤字決算や債務超過など業績があまり芳しくないならば、審査が自社ではなく売掛先へ行われるファクタリングがおすすめです。

その時々のシチュエーションで、最も効率のいい手段で資金を調達しましょう。

まとめ

ファクタリングや手形割引は、資金繰りが厳しい事が多い個人事業主や中小企業にとって重要となる資金調達方法です。

ただし、「約束手形は手形割引しか、売掛債権はファクタリングしか利用できない」などと言うような異なる特徴もあります。

それぞれのポイントを把握し、事業を継続していくためにも有効活用していきたいところです。

おすすめファクタリング会社

資金繰りの御相談は最短翌日対応のビートレーディング

株式会社ビートレーディングのファクタリングサービスは個人事業主様、法人経営者様を問わず広く利用されています。

月間契約数 約400件・最大買取率98%の実績で資金調達のことが相談できる。

最短で申し込みから入金まで12時間というスピード審査も魅力です。
ビートレーディング

ポイント


・日本全国対応
・個人事業主様、法人経営者様を問わず
・小口から大口まで対応可能
・売掛金があれば、最短翌日に振込可能
・契約件数全国トップクラス
・信用情報関係なし


非対面契約のファクタリングといえばウィット

株式会社ウィット非対面契約のファクタリング・小口専門に特化したファクタリング会社です。

日々忙しい中小企業の経営者がスムーズ資金調達ができるよう、少額から申し込める非対面式ファクタリングによるサービスを提供しています。

急な運転資金が必要な事業者様、はじめての方はまずはご相談ください。
株式会社ウィット

ポイント

・非対面、電話1本で申込から最短で即日
・個人事業主様に対応
・売掛金があれば開業間もなくてもOK
・非対面なので全国どこでもOK


事業資金調達のファクタリングゴールド

ファクタリングゴールドは「すばやく、知られず、どなたでも」をモットーに九州(福岡)で地域密着型ファクタリングを提供しています。ファクタリングゴールドでは、売掛金を現金化して最短即日の資金調達を可能にしています。急な売り上げ減少による資金繰りの確保や受注増による資金確保が難しい時など、柔軟に対応できます。個人事業主様も対応可能なのでまずは相談してみましょう!


トラストゲートウェイ

トラストゲートウェイは福岡を中心に九州・中国・四国・近畿・中部・東海・関東と幅広い地域に対応したファクタリング会社です。

実際にファクタリング業者の多くは関東エリアに集中しています。その交通費だけでも無視できない金額になります。審査に時間がかかってしまうと余計な出費になります。
その点トラストゲートウェイは
・安心の対面式
・買取金も銀行振込で行ってくれる
・売掛金の買取サービス 最短2日で買取
・企業様の事業資金をサポートします。
・九州エリアの法人様は東京まで行かなくてもOK!

個人事業主様も歓迎しておりますのでぜひご相談ください。


株式会社アンカーガーディアン

経営・資金調達のピンチならアンカーガーディアンにお任せください!

・柔軟な審査で最短即日資金化
・100%買取実施
・九州から関西の西日本全域をカバー
メール,FAX,郵送など柔軟に対応可能です!
・30秒で出来る無料診断もあります。


事業資金調達なら【ジャパンマネジメント】

ジャパンマネジメントは、倒産や破産している売掛先でもファクタリング可能な柔軟な対応が魅力のファクタリング会社です。

また、ファクタリングとともに、経営相談も実施しているので、的確な経営アドバイスまでもらえるそうです。売掛を譲渡したら終わりではなく、財務健全化へ向けたフォローをしてくださるのもおすすめポイントではないでしょうか。ファクタリング業者は、資金調達においてプロなので安心してアドバイスを受けられます。

-ファクタリング

Copyright© ファクタリングとは?仕組みを図解でわかりやすく解説!即日で資金調達可能なファクタリング会社の選び方|ビジマネ! , 2019 All Rights Reserved.