ファクタリング地域別一覧

沖縄ファクタリング【公式】即日資金調達が可能な沖縄県の企業に対応する優良ファクタリング会社

更新日:

沖縄 ファクタリング
日本屈指のリゾート地であり、米軍基地も多くある沖縄。

沖縄は観光業を含む第三次産業が79.2%を占めている一方で第一次産業と第二次産業を合わせて20.8%という他県には見られない観光を主体とした県です。

インバウンド需要による観光業の伸びが大きく、沖縄県の経済動向も上向きで最新の沖縄の経済動向でも今後沖縄県内の景気は拡大していると言われています。

しかし、好調の沖縄とはいえども企業経営を続けていくなか、安定的な資金繰りと、いざという時の資金調達の手段の確保は最重要な検討課題ではないでしょうか?

そこで今、沖縄の中小企業を中心に新しい資金調達方法として注目が高まっているのがファクタリングです。

ファクタリングは、お持ちの請求書などの売掛金を専門のファクタリング会社に買い取ってもらうことで早期に資金化するサービスです。

今までは大手企業向けのファクタリングが中心でしたが、インターネットの普及に伴い、中小企業や個人事業主向けのファクタリングが沖縄でも増えています。

特に沖縄の中小企業は47,105社にも及び大企業は63社しかありません。しかもその内、小規模のいわゆる零細企業は40,448社にものぼります。

中小企業は潤沢な資金があるわけではなく、数か月でも支払いが滞ると資金繰りが厳しくなります。

そこで、この記事では沖縄県経済の状況と沖縄でファクタリングがなぜ沖縄の中小企業におすすめなのかを徹底解説します。

沖縄の経済の状況

沖縄経済の状況は今どのようになっているのでしょうか?

沖縄県企画部企画調整課が四半期ごとに取りまとめている最新の沖縄県経済動向によると、前年に比べ景気は拡大しています。

観光関連については、入域観光客数は国内客、外国客ともに前年を上回っています。

また、個人消費については、百貨店・スーパー販売額等で前年を上回っており好調です。それに伴い沖縄県内の個人消費も百貨店・スーパー・コンビニ売上高は、既存店、全店舗とも前年を上回っていて、自動車販売も好調と相乗効果が見られています。

建設関連については、住宅着工戸数などが前年を下回っているものの高水準を維持している。

雇用情勢は、完全失業率、有効求人倍率ともに好調に推移しており、他県に比べてもその好調さがうかがえます。

まとめると、

観光関連については、入域観光客数が航空路線拡充等により、前年を上回っている。

個人消費については、百貨店・スーパー・コンビニ売上高は既存店、全店舗ともに前年を上回っている。

建設関連については、住宅着工面積、公共工事請負保証額が前年を上回っている。

雇用情勢は、完全失業率、有効求人倍率ともに好調に推移している。

となります。

沖縄の企業の最大の悩み|後継者不足企業の増加

沖縄の経済動向は目先順調に見えていますが、悩みもあります。

それは後継者問題です。

帝国データバンクの調査によると、企業の後継者不在状況は、全体の約83.5%に当たる約2,020 社で後継者が「不在」となっています。

その中でも、沖縄県は全国平均(66.4%)を大幅に上回る 83.5%で全国トップとなり、全国で唯一8割台を超えているのです。

後継候補の育成は中長期間に渡りますから、事業承継には後継者の育成を考慮したうえでの計画的な資金調達や経営の準備が重要です。

沖縄の経済は景気動向だけでなく、後継者育成の問題もあるのです。

その中で、新型コロナウイルスの世界的流行など、重要な観光業への影響が懸念されています。

基本的に中小企業は、大手企業と比較するとどうしても資金繰りに窮してしまうことが多くなってしまいます。

実際に、「今現在も資金調達方法を模索している」という方もいらっしゃるでしょう。

そこでおすすめしたいのがファクタリングによる資金調達方法です。

実は、沖縄の企業に対応したファクタリング会社が多く存在しているため、沖縄の中小企業や個人事業主でも早期に資金調達しやすい環境にあります。

沖縄でファクタリング

ファクタリングとは、自社が保有する債権(売掛金など)をファクタリング会社に売却することにより、債権満期日より早期に資金調達を行う取引です。

ファクタリング会社に手数料を支払う必要がありますが、政府機関などの公的な融資や銀行からの借り入れよりも早期に調達が期待できる上に、債権の買取に過ぎないため保証人や担保供出の必要がないので手続きが簡単な点がうけて利用する法人が増えています。

契約の際に、自社の経営状態が問われにくい取引なので、いざという時のつなぎ資金の確保のときも頼りになる調達手段です。

沖縄の中小企業で資金繰りをスムーズに行いたいとファクタリングを検討する企業が増えています。

沖縄ファクタリングのメリット

1.担保や保証人を求められることはない
2.最短即日で資金化可能
3.個人事業主でもOK
4.税金を滞納してても申し込み可能
5.取引先にばれない

沖縄で資金繰りにお悩みの際はファクタリングの利用がおすすめ

前述の通り、沖縄にある法人企業のほとんどは中小規模のものです。そのため、ファクタリングによる資金調達のニーズはかなり高くなっています。

その影響か、現在福岡にはファクタリング会社が多く進出しており、沖縄のファクタリングの対応を行っています。

また、オンラインで申し込みから契約・入金までをすべて非対面で完結できるファクタリング会社が登場しており、もちろん沖縄の企業でも利用可能です。

ファクタリングは今は新規の参入も含め、数十社のファクタリング会社があります。

手数料が低いファクタリング会社や、信頼性の高い老舗のファクタリング会社、オンラインで非対面で契約できる会社など企業にとっては幅広い選択肢があります。

円滑に、そしていい条件で資金を調達するためにも、よろしければこの機会に沖縄でファクタリングの利用を検討してみてはいかがでしょうか?

福岡ファクタリング
福岡ファクタリング【公式】九州の優良ファクタリング会社で即日資金調達

福岡県は九州で最大の人口511万人誇る街。九州中から多くの人が集まる西日本の経済の重要な場所です。 現在は既存の産業だけでなく、海外からのインバウンド観光客による好景気と官民一体で新しいビジネスに取り ...

沖縄県でおすすめのファクタリング会社

業界最速、年間2000件の実績!スピードファクタリングならアクセルファクター

アクセルファクターは最高1億円までのファクタリングに対応するファクタリング会社です。

対応する金額だけでなく、中小企業から個人事業主まで業種問わず幅広く対応。

数あるファクタリング会社の中でも最速で、原則最短即日で資金調達可能です。

アクセルファクターのここが凄い!

・年間2,000社の契約実績
・来店不要
・手数料は業界最低水準2%~
・低額から1億円まで取り扱い

・審査通過率9割以上

売掛金をお持ちの中小企業様であれば全国対応のスピード審査、業界最低水準の手数料でファクタリングをご利用になれます。

ファクタリングは融資ではありませんから、連帯保証人や担保などは必要ありません。

アクセルファクターに相談する

ポイント

・24時間365日最短即日の資金調達が可能
・電話・メール・郵送で契約OK(来店不要)
・最高1億円までに対応
・赤字決算、税金滞納も問題なし

・給料ファクタリングではありません。
・個人の給与所得の方は利用できません。


500万円までなら最短3時間!対面不要の事業資金エージェント

事業資金エージェントは、事業資金にお困りの中小企業・事業主を支援するファクタリング会社です。

おすすめするポイント

500万円までなら最短3時間、非対面で資金化可能

しかも、1000万円まででしたら事業資金エージェントの社員がお伺いし、最短即日で資金調達ができます。

しかも最高2億円まで対応※最短3日間かかります。

保証人、担保不要で業界最低水準の手数料で利用が可能です。

お客様の借入れ状況や財務内容に関してはそれほど問いません。

こんな方におすすめ

・取引先の倒産で資金不足が予測される

・手形決済が多く資金繰りがよくな

・急激な売上減少で資金ショートに陥っている

・公的支援を受けるのに時間がかかる


24時間365日対応のファクタリングのTRY

ファクタリングのTRY

ファクタリングのTRYは24時間365日対応で資金調達の受付しているファクタリング会社です。

全国の企業はもちろんのこと、個人事業主のファクタリングにも対応しています。

ファクタリングのTRYはここが他社と違う

・24時間365日対応
・業界最低水準の手数料(5%~)
・徹底した秘密厳守
・最短1日でのスピーディーな資金化
・償還請求権なし(ノンリコース)
・日本全国対応

県別ファクタリング特集

当サイトで特に問い合わせが増えている地域を県別にご紹介します。
東京 ファクタリング

大阪 ファクタリング

福岡 ファクタリング

札幌 ファクタリング

熊本 ファクタリング

-ファクタリング地域別一覧

Copyright© ファクタリングとは 資金調達を図解でわかりやすく仕組みを解説|ビジマネ! , 2022 All Rights Reserved.